歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

第二次世界大戦時の「敵性民間人」強制収容

f:id:titioya:20200729235513j:plain

 Photo credit: Central Archive of the Republic of Karelia

 世界中にあった民間人強制収容

第二次世界大戦中の強制収容所と言えば、ナチス・ドイツによるユダヤ人強制収容所がよく知られています。

ナチス・ドイツはユダヤ系住民を国内から追放しマダガスカルに移住させようと試みますが失敗に終わったため、強制収容所に送り込んだ上で根絶させる政策を実行しました。 このような特定の人種集団の絶滅を図るのは悪辣極まりなく、いくら糾弾してもし足りないほどです。

一方で、枢軸国のみならず連合側の国にも強制収容所はあり、自国内の「敵性国民」が敵国と通じて攪乱や暴動、スパイ活動を行うことを防ぐため、有無を言わさず強制的に送り込まれるケースが多くありました。

続きを読む

イラン・イラク戦争-中東二大国の運命を変えた戦争

f:id:titioya:20200426230443j:plain

Discription:firing 130 mm M-59 belong to Artillery of military of Iran during Iran-Iraq war.

湾岸戦争に繋がる中東のパワーバランスを作った泥沼の戦争

イラン・イラク戦争は1980年9月から1988年8月まで、イランとイラクとの間で起こった戦争。

膠着状態が続き決着がつかないまま被害だけが増えていき、日本では「イライラ戦争」などと揶揄されました。

この戦争は、イラン・イスラム革命後の権力闘争でホメイニ派を勝利に導き、神権国家イランが成立するきっかけを作ったと同時に、サダム・フセイン率いる軍事大国イラクの出現をもたらし、中東のパワーバランスを決定的に変えた戦争となりました。 

続きを読む

【中国史】戦闘力が異常に高かった宦官列伝

f:id:titioya:20200725140150j:plain

中国史にその名を遺す武闘派宦官たち

宦官と言えば、宮廷に侍り皇帝や宮家一門の生活の世話をしたり、宮廷の各種運営をするのが仕事でしたが、中には武力を買われて仕える者もいました。

生殖能力は奪われているので女性のように華奢な体というイメージが強いですが、筋骨隆々なガチムチ宦官もいたようです。

今回は非常に名の知れた武闘派宦官をピックアップいたします。

続きを読む

【腐敗・汚職】中国史の悪名高い宦官列伝

f:id:titioya:20200602231924j:plain

中国史を裏で動かしてきた宦官

宦官とはご存じの通り、宮廷に仕える去勢をした男性のことです。

皇帝の身辺に侍り様々な世話をする役割を与えられ、通常は掃除や料理や連絡など雑用が主でしたが、皇帝の近辺にいることを許される立場を利用し、強大な実権を握る人物も少なくありませんでした。皇帝や帝国のために尽くした名宦官もいる一方で、自らの私腹を肥やし権勢を高め帝国の没落をもたらした悪徳宦官も数多くいます。今回は後者の悪徳宦官をピックアップします。

続きを読む

エアコンの歴史

f:id:titioya:20200617230641j:plain

空間の快適さを求めるエアコンの技術開発史

現在一般に言われるエアー・コンディショナー(エアコン)は、以下の機能を持つ機械のこと言います。

  • 温度管理
  • 湿度管理
  • 空気循環と換気の管理
  • 空気の浄化

 古代から空気を冷やすための仕組みは様々にありましたが、1902年にエアコンが発明されて以来、空間を快適にする空調技術は100年余りで急速に発展を遂げました。

 現在は深刻化する温暖化問題と、快適さを両立すべく技術の開発が進められています。

今回はエアコンの技術開発史をまとめていきます。

続きを読む

ヨーロッパの「民族統一主義」運動(後編)

f:id:titioya:20200512222638p:plain

ヨーロッパの辺境の民族統一主義

 前編では、ドイツ、ハンガリー、クロアチア、セルビア、ルーマニアの民族統一主義を見ていきました。前編はこちらをどうぞ。

今回は同じヨーロッパで、ブルガリア、アルバニア、フィンランド、オランダ、ポルトガルです。領土拡張主義にどのような民族的文脈があるかという観点でご覧になっていただければ幸いです。

続きを読む

ヨーロッパの「民族統一主義」運動(前編)

f:id:titioya:20200512220703p:plain

大きいことは、いいことだ。我らが祖国のあるべき領土

国境線は民族移動・宗教文化の伝播・経済的要因など様々な要因を背景にして、大きな政治力や軍事力を持った権力が現れることで様々に書き換わってきました。

今は別の権力が支配しているものの、自分たちの言語を話す人々が住む土地、祖先がかつて辺境に植民に行った先、かつて祖先が住んだ土地、偉大な王がかつて征服した土地、これらは本来は自分たちが支配しなくてはいけない土地である、という言説はかなり広く存在します。そういう言説が影響力を持つことで悲劇的な戦争が起きたことも多々ありました。

そのような「民族統一主義」の言説をまとめてみます。今回はヨーロッパ編です。 

続きを読む

豆腐の歴史 in アメリカ

f:id:titioya:20200507230036j:plain

ダイエット、ビーガンフードの代表格・トーフ

豆腐はもはや世界的に一般的な食材となりました。

特にアメリカでは1970年代からローカロリーながらプロテインが摂れる栄養食として注目されて以来、年々普及が進み、スーパーマーケットで普通に売られるくらい食品となりました。特に最近では、ダイエットフードやビーガンフードの人気の高まりで、意識が高い人の間では豆腐は常食となりつつあります。

アメリカにでの豆腐の製造が始まったのは意外と古いのですが、普及には100年近くの時間がかかっています。今回はアメリカにおける豆腐の歴史を簡単にまとめます。

続きを読む