歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

大量の死者を出した世界史の爆発事件TOP10

f:id:titioya:20050330192129j:plain

千人万人単位の死者を出した記録的な爆発事件・事故

工場や船舶・航空機が大爆発を起こして炎上、犠牲者十数名といったニュースは、国内・海外問わず目にするニュースです。

火薬を入手して以降の人類の歴史は爆発事故の歴史でもあります。当然、戦争中の大爆発が多いのですが、火薬を保管する倉庫や、薬品を取り扱う工場、輸送中の列車が爆発するといった事件・事故も数多く起こりました。

今回は千人・万人単位の死者を出した世界史の爆発事件・事故をまとめていきます。

なお、広島・長崎の原爆については、カウント外としました。

続きを読む

【西洋史】籠城戦で敵を苦しめた「素人女性」列伝

f:id:titioya:20191019233547j:plain

 男以上の勇敢さと苛烈さで祖国を守った素人女性たち

 世界史では、戦場で活躍した男勝りの女性エピソードには事欠きません。

 歴ログでも何回かそのような女性の軍事指導者のエピソードは紹介しているのですが、今回は「籠城戦で活躍した女性」というのを紹介します。

大部分が軍人でなく一般人で、祖国の危機に立ち上がり、勇敢な活躍をした女性たちです。

続きを読む

ロシアのシベリア征服の歴史

f:id:titioya:20191007222008j:plain

ウラル山脈を越えてわずか60年でオホーツク海に達したロシア

ロシアは御存知の通り世界最大の領土をを持つ国ですが、その大半は広大なシベリアの大地です。シベリアとは具体的には、ウラル山脈以東のことを言います。

こんなところ本当に人が住んでるのかと思うような、森林や荒野、永久凍土。人間が住むには厳しい土地が続きます。しかしこんな大地をロシア人は先住民を征服しながら、わずか60年という短い期間で征服してしまいました。

 派手ではありませんし、その過程は現代の価値観からすると褒められたもんじゃありませんが、この広大な土地をわずかな期間で征服したのは、歴史上の「偉業」と言えなくはないでしょうか。今回はロシアのシベリア征服の歴史です。

続きを読む

寿司の歴史 in アメリカ

f:id:titioya:20190919193652j:plain

アメリカで寿司はどのように受容されていったか

海外旅行に行くと、大都市はおろか小都市でも簡単に寿司レストランが見つかります。好奇心で行ったことある方もいらっしゃるかもしれません。味は、まあ、ピンキリでしょう。

 アメリカでも小さなほうの町のスーパーでも寿司が売っていて、その浸透ぶりが伺えます。しかし必ずしも日本の伝統方式とは限らず、カリフォルニアロールだったりキャタピラーロールだったり、独自のローカライズがなされていて、「江戸前鮨至上主義」の人は怒り出すかもしれません。今回はアメリカでいかに寿司が紹介され、受容されたかをまとめていきます。 

続きを読む

韓国政府が強力なトップダウン型の産業育成を図った理由

f:id:titioya:20191013234813p:plain

Image by Lakshmix

「漢江の奇跡」を支えた韓国政府の産業育成政策

ここ10年あまりの韓国の社会と国民意識の変化には激しいものがあります。

息詰まる社会と経済の打破のために、朴槿恵政権時代から「大陸側」へ接近し南北統一を目指す文脈が醸成されていましたが、現在の文在寅政権はさらに急進的にそれを推し進め、南北統一によって「民族による自存自衛」を掲げ、広い支持を集めています。

もとより韓国では反米感情は根強くあったのですが、それよりも反北朝鮮感情のほうが強かったので西側諸国に留まっていましたが、北との和解ムードの高まりの中で「自立強国」「東アジアのバランサー」国家を目指すようになっています。

その背景には、韓国が急速な経済発展を果たし国際的なプレゼンスが高まり、アメリカや中国、日本といった周辺の大国と台頭な関係になった、という自負があるからなのですが、一方でこれまで世襲政治家や資本家が牛耳ってきた富や権力を民衆に奪い返そうという「民主化運動」があります。

現在の韓国社会で「敵対視」されがちな、かつての韓国政府の経済政策の方針について、梁義模氏の論文を元にして紹介します。

続きを読む

伝説的インド人クリケット選手と「英国スゴイ神話」

f:id:titioya:20190929214248j:plain

イギリス人に愛されたインド人選手、クマール・シュリ・ランジットシン

インドはクリケットの強豪国で、2019年現在、イングランドに次いで世界ランキング2位です。

インドではクリケット・ワールドカップは大変な盛り上がりで、みんなテレビにかじりつき、インド代表の試合中はあらゆる街の機能がストップするそうです。インド代表がライバルのパキスタン代表に敗れると、怒りのあまりテレビをぶっ壊す奴が全土で続出するため、試合後はテレビ需要が高まるという嘘みたいな話もあります。

さて、そんなクリケット狂インド人のクリケットの先駆者的な存在が、20世紀初頭にイングランドで活躍したクマール・シュリ・ランジットシンです。彼は初めてイングランドの代表になり、イギリス人のチームメイトのみならず、ファンからも大変愛された男です。

ランジットシンの生涯からは、当時のイギリス人のインド人観、そしてエリートインド人にとって大英帝国とはどんな存在だったかが見えてきます。

続きを読む

なぜアップルパイはアメリカを象徴するお菓子になったのか

f:id:titioya:20190914133222j:plain

アメリカ人の愛国心を熱くする甘いリンゴのお菓子

1902年、ニューヨーク・タイムズ紙に以下のような文章が掲載されました。

(アップル)パイは我が国の強さと優れた産業創設の秘訣であり、我が国の繁栄である。英雄の食べ物である。食わないヤツは永久に負け犬である。

Pie is...the secret of our strength as a nation and the foundation of our industrial supremacy. Pie is the American synonym of prosperity. Pie is the food of the heroic. No pie-eating people can be permanently vanquished.

かなり強烈な文章ですが、アメリカ人の愛国心と素朴な感情をよく言い表しています。

アップルパイを上手に焼ける女性は良き妻とされるし、アップルパイの香りがしてこそアメリカの台所であるとされます。

ノリ的には日本人が「米を食わねえヤツぁ、日本人じゃねえ!」と言うのに似ています。上記の文のアップルパイの箇所を米に置き換えたら、気持ちが少し理解できるかもしれません。

「アップルパイのようにアメリカ的な」という慣用句すらあります。今回はなぜアップルパイがアメリカのシンボル的存在になったのかを見ていきたいと思います。 

続きを読む