歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

2018年に読んで面白かった歴史関連本

f:id:titioya:20181119234659j:plain

今年読んで良かった本10冊

早いもので2018年も終わろうとしています。 

ぼくは年間で何冊の本を読んだのかいちいち数えてないのですが、100〜150くらいは読んだんじゃないかと思います。正確にはよく分かりません。ただし9割は歴史関連の本です。

年末ですし、今年1年間で面白かった歴史関連本をまとめてみます。

 年末年始にぜひどうぞ。

続きを読む

トレビゾンド帝国の歴史 - 黒海にあったビザンツの亡命帝国

f:id:titioya:20181118093733j:plain

本家崩壊後も生き延びたビザンツ帝国の亡命政権

トレビゾンド帝国は現在のトルコ共和国の一都市トラブゾンに13世紀から15世紀にあった国。 

ビザンツ帝国を追われたコムノネス王家が流れ着き、同じキリスト教国のジョージア(グルジア)の支援を受けて成立し、イスラム教国を含む周辺国と協調しながら約250年間も生きながらえました。本家ビザンツ帝国はオスマントルコに1453年に滅ぼされますが、トレビゾンド帝国はその後も数年生きながらえました。

今回はかなりマイナーなビザンツ帝国の亡命政権トレビゾンド帝国の歴史のまとめです。

お話は同じキリスト教徒がビザンツ帝国を攻めた第4回十字軍から始まります。

続きを読む

かつて存在したバチカン並みに小さかったミニ国家

f:id:titioya:20181027144341j:plain

史上星の数ほどある消滅したミニ国家たち 

ミニ国家は歴史上星の数ほど存在し、またそのだいたいが消滅しました。

現在残っているミニ国家は、バチカン、リヒテンシュタイン、サンマリノ、アンドラ、マルタ、モナコ、シンガポール、バーレーンなどごくわずかです。

 今回はあまり知られていない、成り立ちと歴史が面白いミニ国家を集めました。

続きを読む

「ホッジャ主義」とは何だったのか

f:id:titioya:20181113234558j:plain

 時代の流れに逆らい続けたアルバニア

ホッジャ主義とは、アルバニア労働党の指導者エンヴェル・ホッジャ(1908-1945)が掲げたイデオロギー。

ホッジャはソ連のスターリン主義や毛沢東の文化大革命を賞賛しこれらに倣いますが、1956年のフルシチョフによるスターリン批判でソ連と断交し、次いで文革終結期の中国の対外方針転換で中国と断交。

個人崇拝、帝国主義との軍事対決、国家による厳格な国民統制、外国人の入国を厳しく制限する鎖国政策など独自のイデオロギー政策を実施しました。

アルバニア国民にとってはたまったものじゃないですが、 ソ連や中国の「修正主義」を批判しマルクス・レーニン主義の維持を望む世界中の社会主義政党にとって、アルバニアとホッジャ主義は「最後の希望」となったのでした。

続きを読む

タピオカティーの歴史

f:id:titioya:20161207110847j:plain

Photo by Oqmilteashop

インスタ映え間違いなしのカワイイ飲み物

 新大久保や渋谷など、若者が集まる街に行くとタピオカティーを飲みながら歩く若い女の子を目にします。

台湾や香港で話題のタピオカティーの店が日本に上陸すると、直ちに長い行列ができるほどです。そんな店の前では大抵、若い子がタピオカティーを持ってポーズしてセルフィーをしてます。きっとすぐさまインスタグラムにアップするんでしょう。

甘くて食感が面白くて色がカラフルでカワイイってな感じで、 様々なタイプのタピオカティーが登場しては女子を虜にしています。

今回はそんなタピオカティーの歴史を見ていきたいと思います。

続きを読む