歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

「十字軍」で活躍した10の修道騎士団

異教徒との闘いで神に奉仕した騎士団

「騎士団」は現在にも存在する組織です。

しかし実際に戦闘をするわけではありません。

例えばマルタ騎士団は世界各国で医療活動を行う「国土なき主権体」であるし、金羊毛騎士団は世界の王族に授けられる栄誉勲章となっています。

かつてヨーロッパにあった騎士団は「異民族」との戦いに命を燃やし、その崇高な任務をもって神に報いようとしました。一般的によく知られているものからそうでないものまで、かつてその戦闘力で知られたキリスト教の戦闘騎士団を紹介します。

続きを読む

『「働き方改革」の人類史』(イースト・プレス)が出ます!

2022年11月14日に新刊が出ます

2冊目の本が出ます。

書名は『「働き方改革」の人類史』(イースト・プレス)です。

前作はブログで展開しているような、ややマニアックのテーマを通史で集めて、時代と国を跨いだストーリーを組み上げる構造にしたものでしたが、本作はそれとは全く違ったテーマです。

ざっくり、どんな内容の本かを解説したいと思います。

続きを読む

マッチの歴史

実は新しいマッチの短く濃い歴史

マッチが量産発売されたのは19世紀半ばのことです。

硫黄やリンに摩擦を加えて火を起こす、シンプルな仕組みに思えますが、実はライターの発明(16世紀)よりずっと後のことです。

今やマッチを使う機会もさほどないかもしれませんが、近代工業社会の中でマッチは重要な役割を果たしてきました。

続きを読む

他国の領土にある「民族の精神的故郷」

f:id:titioya:20210926105820j:plain

外国にある「我々の土地」

特にユーラシア大陸の、時期によって主要民族が大きく移り変わった場所では、過去の主要居住地と現在の主要居住地が大きく異なっていることは珍しくありません。

日本だと、例えば天孫降臨神話がある高天原、古都の奈良や京都といった地は、そこに例え馴染みがなくても、自分たちのルーツがある土地として、精神的な故郷と感じることができます。

幸運なことに日本人の精神的故郷は国内にありますが、そうでない国もいくつもあります。仮に京都や奈良が中国大陸や朝鮮半島にあると考えたら、その感情を少しは理解できるかもしれません。

過去の民族の神話や歴史が整理し近代国家を形成する過程で、場合によってはそれを取り戻そうとする動きも高まり、戦争にまで発展したケースもあります。

続きを読む

世界史を揺るがした10の大飢饉

大量の死者を出し社会を混乱させた大飢饉

歴史上、何度も飢饉が起きてきました。

食えない人が大量に出現して治安が悪化したり、戦争や内乱が起きたり、場合によっては王国や王朝が転覆する場合もありました。

その原因は天変地異や気候変動だけでなく、政治や経済政策の失敗といった人為的な原因で起きたものもあります。

世界史を揺るがした大飢饉を独断で10選んでみました。

続きを読む

ドクターペッパーの歴史

一部にコアなファンがいる炭酸飲料

ドクターペッパーを飲んだことがある方はどれくらいいるでしょうか。

私はありますが、たぶんこれまでの人生で3~4回くらいしか飲んだことがないと思います。それでもその独特の味を思い出すことができます。

チェリー味の甘いシロップに炭酸が入っているような味。やや薬っぽいような香りもします。これがダメな人はダメなようですが、熱狂的に好きな人もいて、コーラよりドクペ、というコアなファンもいます。

どれくらい需要があるか分かりませんが、ドクターペッパーの歴史を紹介します。

続きを読む

死ぬという噂がある「呪いのお宝」伝説

トレジャーハンターを呪い殺してきたという噂のあるお宝

どこか人目のつかないところに秘匿されたお宝。

まだ見つかっていない眠ったお宝は、子どもも大人もお話だけでも大変ワクワクするものです。

しかし中には「呪い」がかけられれていて、トレジャーハンターを呪い殺すという噂があるものも少なくありません。有名な「呪いのお宝」をいくつかご紹介します。

続きを読む