歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

歴史の舞台裏で暗躍したキングメーカー13人(前編)

f:id:titioya:20171217233730p:plain

 歴史を支えた影の実力者「キングメーカー」

「キングメーカー」という言葉を辞書で引くと

(総理大臣などの)要職の人選を左右する実力者。

とありました。政権のトップではないものの、トップに比する力を持ち、政局を変える力を持つ影の実力者を指します。

あまり歴史の表舞台に出てくる人物ではないものの、歴史の変換点の要所要所には必ずキングメーカーの活躍・暗躍がありました。

 今回は前後編で、歴史を動かしたキングメーカーたちを紹介していきます。

続きを読む

【2018年4月版】世界史関連の新刊30冊まとめ

f:id:titioya:20180411180422j:plain

4月度発売の世界史の情報まとめ 

今月から、出版各社から発売される世界史関連の新刊書籍を月イチでまとめていこうと思います。

ふらりと本屋に立ち寄って気になる本を探すという楽しみはありますが、事前に当たりをつけて確実に面白い本を見つけませんか?

今月は2月下旬〜4月中旬発売の世界史関連本を、ぼくが「面白そう!」と思ったもののみピックアップします。

続きを読む

近代化に失敗したオスマン海軍 - 財政と人材の問題

f:id:titioya:20180310111902p:plain

 老いた大国の近代化が失敗した構造的な問題とは

オスマン帝国はかつて、北はヨーロッパ、西は北アフリカ、南は東アフリカ、東はチグリス・ユーフラテスまでを支配する超大国でした。

地中海もかつては「トルコの海」と称され、強大なオスマン海軍はヨーロッパ各国が束になってもかなわなかったほど。

しかし17世紀ごろから徐々に国力が衰退し、19世紀には完全に軍事力はヨーロッパに劣るようになります。帝国の生き残りを図るため、スルタンや宰相は必死で軍の近代化を図るのですが、後に述べるいくつかの問題により大失敗に終わります。

なぜオスマン帝国は海軍の近代化に失敗したのかが今回のテーマです。 

続きを読む

イスラム教の伝説に登場する幻獣・怪獣・悪魔たち

f:id:titioya:20180321152955p:plain

あまり馴染みのないイスラム教の空想上の生き物たちの世界

イスラム教の開祖ムハンマドは一神教をアラビア半島に導入するために、ユダヤ教やキリスト教をかなり熱心に勉強していました。

そのため、コーランにはユダヤ教やキリスト教に登場する人物や生き物が多く登場するのですが、アラビア半島や周辺地域にもともとあった伝承や神話なども取り入れていったと思われ、独特のキャラクターも様々に登場します。

 今回はあまり日本人には馴染みのない、イスラム教の空想上の生き物たちをピックアップしてみます。

続きを読む

【西洋史】下層階級から国王になった人物列伝

f:id:titioya:20180327185658p:plain

 あまり数がないヨーロッパ史の「太閤様」

日本史の成り上がり者と言えば豊臣秀吉をすぐに連想します。

彼の出自には諸説あって、農民足軽の出身であったとも、その下の身分であったとも言われています。

日本史と同じく、中国史や中東史でも最下層身分出身の王は登場しますが、ヨーロッパでは最下層身分出身の王はあまりいない印象です。

階級社会が昔から明確なヨーロッパでは社会階級の流動は起こりづらく、ある程度は流動はありましたが、一代で王になるような人物は登場しづらい社会でした。 

そんなヨーロッパ史における「成り上がり者」をピックアップしてみます。

続きを読む

「城の堀にワニを放って防御力を上げる」ことは本当にあったのか

f:id:titioya:20150502221752j:plain

侵入者が腹ぺこワニに食われるというのはあったのか 

以前こんなツイートを見ました。

 実際に、防御のために堀などにワニを放つという事例はあったのでしょうか。

ハリウッド映画とかでは、古代の遺跡や城に眠る財宝を巡って主人公と悪役がバトルを繰り広げ、すったもんだあって結局悪役がワニに食われて死亡、ハッピーエンドという結末のものが結構あります。「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」とかそんなオチだった記憶があります。

侵入者を阻むため凶暴なワニを放つのは効果的な気もしますけど、本当のところどうだったのでしょう。

続きを読む

世界を変えた有名な戦場カメラマン18人の写真

f:id:titioya:20180228193901p:plain

人々の意識と行動を変えた名写真

今やスマホで誰もが写真を撮影し、すぐにSNSにアップして数万・数十万の人に届く。写真を撮影し公表する「特権」は失われ誰もが表現者になれる時代です。

昔はそのような「時代を切り取る」仕事は写真家の仕事でした。新聞やテレビが大きな影響力を持っていた時代、彼ら戦場カメラマンの命がけの仕事によって人々の意識と行動が変わり社会を動かしていました。その写真は今でも我々の心を大きく揺さぶります。

 今回はそのような時代を動かした伝説の名写真をピックアップします。

続きを読む