歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

世界を核戦争から救った男 ヴァシリィ・アルヒーポフ

f:id:titioya:20170915003107j:plain

核攻撃に待ったをかけ、世界を核戦争から救った男

ヒーローと言えば、スパイダーマンのような、超人的なパワーを持って悪党の企みを危機一髪救う派手なキャラを思い浮かべます。

1962年に発生したキューバ危機において、ソ連海軍B-59潜水艦副艦長ヴァリシリィ・アルヒーポフは、アメリカへ核攻撃のボタンを押すのを拒否し、世界核戦争の勃発をギリギリで防ぎました。

彼の名はあまり知られていませんが、おそらくこのような人物こそが、世界のヒーローであるに違いありません。

 

続きを読む

社会主義国ラオスの市場経済化への歩み

f:id:titioya:20170910150432p:plain

ささやかな農業国が経験した自由経済の洗礼

ラオスという国は、都会も田舎ものんびりゆったりした国です。

田舎にいけばガスや水道すら通ってないのは当たり前。お米は薪で炊くし、トイレは穴を掘っただけ。夜になると、見たことないくらい満点に輝く星空を堪能できます。

実際のところ、この国の人口の80%はまだ農民だし、大部分は地方に住んで昔ながらの生活を営んでいます。この時が止まったような国に行けば、旅人はこの「豊かさ」を維持していってほしい、などと勝手なことを思うものですが、ラオスの為政者たちは国を経済的に豊かにすべく様々な改革に乗り出しています。

1997年にASEANに加入したラオスは、その経済的な恩恵を受ける前にアジア通貨危機の影響を直に受けることになってしまいます。

その時、経済危機など経験したことがなかった小国ラオスはどのように対応したのでしょうか。

 

続きを読む

【ミリタリーJK】WW2で活躍した10代少女

f:id:titioya:20170717175537p:plain

実在した本物の「ミリタリーJK」

萌えオタク系のアニメに出てきそうですが、あらゆるものが総動員された第二次世界大戦では、10代の少女も銃を取って戦ったり、地下抵抗運動に参加したりしました。

それこそ女子高生くらいの年齢の少女たちです。今回は戦場で活躍した「リアルJK」たちのお話です。

 

続きを読む

自らの発明や主義・主張によって死亡した人たち

f:id:titioya:20170811124343p:plain

自らの信念を貫いた挙句、死んでしまった人たち

長い人生、できるなら自分の信念を持ちそれを貫いて生きていきたいものです。

他人の考えたルールや事柄に服従して生きるよりは、自分の信念のままに生きることこそ真の自由ではないでしょうか。

といいつつ、広く受け入れられている規範やルールは安全なんだし、そういうものが存在しないと社会というものは成り立たないのも事実。

今回はそんな社会の常識に背を向け、自らの信念を貫いて、その挙句死んでしまった、「真の自由人」たちを紹介します。

 

続きを読む

ブラジルの近現代史(4)- 経済発展「ブラジルの奇跡」

f:id:titioya:20170704010524j:plain

Photo by Artyominc

安定と不安定の狭間で着実に前に進むブラジル

ブラジル近現代史、今回が最後です。

前回では、世界恐慌から始まった危機を脱するため、ヴァルガス政権が独裁的な手法でブラジルに構造改革をもたらし、それによって政治・経済は安定するも、民主化の動きの抗しきれずに時代の流れが進んでいった様子を見ていきました。前回はこちらからご覧ください。

 戦後ブラジルはヴァルガスが築いたシステムの元、苦難の道ながら経済発展を続け「ブラジルの奇跡」と言われる驚異的な発展を遂げるに至ります。

 

続きを読む

ブラジルの近現代史(3) - ヴァルガス独裁体制の構造改革

f:id:titioya:20170706013720j:plain

ブラジルの構造改革を模索する穏健ファシスト体制

全四回でブラジルの近現代史をまとめています。

前回では、パラグアイ戦争と奴隷解放によって帝政が崩壊し、共和制の体制の元で経済成長と政治の安定が比較的順調にいき、第一次世界大戦の参戦で国際的なブラジルの地位が向上した歩みを見てきました。前回の記事はこちらからご覧ください。

今回では、世界恐慌によって生まれた危機を乗り切るべく、ヴァルガスが独裁的な権力を保有し大胆な改革をブラジルにもたらしていきます。

 

続きを読む

ブラジルの近現代史(2) - 帝国の崩壊と共和国の発展

f:id:titioya:20170704005740p:plain

共和制ブラジルの発展とナショナリズムの成立

 21世紀の大国・ブラジルの近代史をまとめています。

前回はブラジルがポルトガルから独立し帝政の下で政治的・経済的な安定を図りつつ、対外拡張戦略によってナショナリズムを高揚させ、一方で奴隷制廃止という大きな方針転換を成功させた歩みをまとめました。前回の記事はこちらから。

今回はブラジルが経験した最も大きな戦争であるパラグアイ戦争から、帝政の崩壊、そして共和制初期までをまとめていきます。

 

続きを読む
PR