歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

史上最凶の大気汚染・1952年のロンドンスモッグ

f:id:titioya:20170618075228j:plain

4,000人が死亡、10万人以上が健康被害を受けた最悪の公害事件

ロンドンは温暖化対策やリサイクル政策などで世界の先端を行く「エコ・シティ」です。

2012年のロンドン・オリンピックでは「環境に配慮したオリンピック」がテーマだったし、行政のエコロジー政策と民間レベルでの環境保護意識は世界のお手本となるべきものです。

現代のロンドンがこのような環境保護意識が高いのも、かつての苦い経験があってのことに違いありません。

1952年12月に発生した大規模なスモッグは、5日間の間ロンドン市を襲い、これにより少なくとも4,000人が死亡、10万人が肺や呼吸器官に異常をきたす史上最悪の大気汚染事件でした。

 

 

1. 汚染物質に閉じ込められるロンドン

f:id:titioya:20170618084228p:plain

「霧の町ロンドン」

ロンドンは「霧の町」と言われることがあります。

地形的に霧が発生しやすいということではなく、産業革命の中心地であったロンドンでは、工場や家庭から出る石炭のすすや煙の量が多かったため、特に風が吹かない日は煙が流れていかずにスモッグとなって地表に滞留する場合が多かったためです。

特に冬場は寒さが厳しいこともあり、火力発電所はフルマックスで稼働するし、家庭でも暖房で石炭をガンガン使うため多量の亜硫酸ガスが発生し、霧状になって町を覆うケースが多くありました。

言わば「ロンドン名物」になっていたスモッグですが、中でも1952年に起こったスモッグはその健康被害の大きさは桁違いでした。

 

汚染物質が高密度化し町を覆う

1952年12月5日、ロンドンの上空を冷たい高気圧の層が覆いました。

f:id:titioya:20170618085415p:plain

冷たい空気が上空から地表に下降し、人々は寒さのあまり石炭の暖房をいつもより多くたきました。早朝から凄い勢いで二酸化硫黄が空気中に放たれ、いつものように霧状になり始めました。

ところがこの高気圧は5日間の間停滞して冷たい空気を送り続け、しかも風が吹かなかったために二酸化硫黄は溜まる一方

庶民が使っていた石炭は安価で低品質なもので二酸化硫黄を大量に出すものだったことに加え、折しも市内の路面電車が廃止されディーゼルバスに変わった直後のことだったので、大気中の二酸化硫黄の濃度は上がり続け、これまで経験したことがないほど濃い亜硫酸の霧となりロンドンの町を覆い続けたのです。

 

 

2. 深刻化する健康被害

この時の霧の濃さは人々が経験したことがないほどで、数メートル先すら見えないので、運転はおろか歩行さえ困難な状況。

それよりも深刻なのが健康被害で、多くの人が霧を吸い込んでしまい、肺などの呼吸器官に異常を感じ始めました。外を出歩いている人はもちろん、家の中にいた人までも目やノドの痛み、咳といった症状が現れ始めました。

症状が重い人々は救急車を呼ぼうとしますが、あまりに酷い霧のために公共サービスはストップしており、これも被害を拡大する要因となりました。

 

YouTubeに当時のニュース映像がありましたので貼り付けておきます。

www.youtube.com

f:id:titioya:20170618095729p:plain

f:id:titioya:20170618095743p:plain

f:id:titioya:20170618095754p:plain

f:id:titioya:20170618095808p:plain

f:id:titioya:20170618095822p:plain

このスモッグは12月10日までの5日間、天気が変わって霧が流れるまで続きました。

その後の数週間、霧を吸い込んだ人々が次々と病院に運び込まれました。

有毒な亜硫酸を吸引する直接的な死亡者だけで約4,000名、呼吸器系への健康被害は約10万人にものぼり、特に子どもやお年寄り、既に呼吸器系の病気を持っている人への影響は大きなものがありました。

最近の研究だと、このスモッグによる間接的な死亡者を含めると、死者は約12,000人にもなると見積もられています。なんという高い代償でしょうか…。

 

3. 公害対策

この破壊的な惨事はイギリスはおろか、世界の公害の歴史を見ても際立っており、イギリス政府は大気汚染による健康被害の対策を急がせることになりました。

2年後の1954年にロンドン市法、1956年と1968年に「大気浄化法」が制定され、石炭を使った暖炉の使用が禁止され、また工場の煙の排出も大きく制限されることになりました。家庭の暖房は、ガス・石油・電気に徐々に移行していきました。

1962年には再び大規模なスモッグが発生し、空気中の二酸化硫黄の含有率が過去最大を記録しますが、この時は死者が1人も出なかったとのことです。

 

 

 

まとめ

日本でも大気汚染は問題ですが、どっちかというと中国から流れてくるPM2.5(微小粒子状物質)の健康被害のほうが問題視されています。

それに、最近は景気対策とか労働問題、外交問題、社会福祉問題などに関心が行きがちで、環境対策については結構おざなりというか、関心が薄れていってる傾向にあるような気がします。

環境を優先するあまり生活が圧迫されるのは本末転倒ではあるんですが、中長期的な観点で良い環境づくりのために今出来ることをやっていきたいものです。

実際、東京の雨ってめちゃくちゃ汚いですよ。

 

 

参考サイト

"THE DEADLY LONDON SMOG OF 1952" TODAY I FOUND OUT

Great Smog of London - Wikipedia

 

PR

PR