歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

【2019年12月版】世界史関連の新刊30冊+α

f:id:titioya:20191116221019j:plain

2019年8月〜12月の世界史関連の新刊の紹介

前回が8月だったので約半年間、間が空いてしまいました。

半年分の世界史関連の新刊をガッツリ紹介いたします。年度末ですし、年末年始に読む面白そうな本をどうぞ見つけてください。

 

 1. 「独ソ戦 絶滅戦争の惨禍」

大木殻 岩波書店 2019/7/20

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

 

「これは絶滅戦争なのだ」。ヒトラーがそう断言したとき、ドイツとソ連との血で血を洗う皆殺しの闘争が始まった。日本人の想像を絶する独ソ戦の惨禍。軍事作戦の進行を追うだけでは、この戦いが顕現させた生き地獄を見過ごすことになるだろう。歴史修正主義の歪曲を正し、現代の野蛮とも呼ぶべき戦争の本質をえぐり出す。

これはどの本屋に行っても目立つところに置いてありますね。もちろん読みました。

旧来独ソ戦は「スマートで武器の質も優れたドイツ軍は、個々の戦闘では勝ってたのに数の力で突進してくるソ連軍に物量で負けた」とする見方が主でしたが、筆者はそのような見方を警鐘を鳴らします。いかにヒトラー率いるドイツが無計画に戦争を進めたか、いかにスターリンの粛清がソ連の戦争への初動対応を遅らせたか、ヒトラーの自分の世界観への固執、ソ連軍の戦略家によって描かれた鮮やかな反攻作戦など、これまで語られていた独ソ戦のイメージが大きく書き換わります。必読です。

 

2. 「危機と人類」

ジャレド・ダイアモンド著,小川敏子,川上純子訳 日本経済新聞出版社者 2019/10/26

危機と人類(上)

危機と人類(上)

  • 作者: ジャレド・ダイアモンド,小川敏子,川上純子
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2019/10/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリ大絶賛!
「国家がいかに危機を乗り越えたか? 明快な筆致に引き込まれる。本書は、地球規模の危機に直面する全人類を救うかもしれない」

遠くない過去の人類史から
何を学び、どう将来の危機に備えるか?

ペリー来航で開国を迫られた日本、ソ連に侵攻されたフィンランド、軍事クーデターとピノチェトの独裁政権に苦しんだチリ、クーデター失敗と大量虐殺を経験したインドネシア、東西分断とナチスの負の遺産に向き合ったドイツ、白豪主義の放棄とナショナル・アイデンティティの危機に直面したオーストラリア、そして現在進行中の危機に直面するアメリカと日本・・・。
国家的危機に直面した各国国民は、いかにして変革を選び取り、繁栄への道を進むことができたのか『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』『昨日までの世界』で知られるジャレド・ダイアモンド博士が、世界7カ国の事例から、次の劇的変化を乗り越えるための叡智を解き明かす!

これもどの本屋でも平積み状態ですね。ぼくも上下巻とも読みました。単純に、読み物として非常に面白いです。

 フィンランド、日本、チリ、インドネシア、ドイツ、オーストラリア、アメリカを取り上げ、「数十年間に生じた危機とそれに対して実行された選択的変化」を比較検討し考察するという本です。日本だけは明治維新から太平洋戦争までと広いものの、そのほかの地域は筆者のジャレド・ダイアモンド自身が直接関係のある国を取り上げています。

国家の危機がどのように訪れ、どのように対応し、どんな結果となったか、という記述が基本です。わかりやすくて、読み物としては非常に面白いです。ただし、各国の事例の表面的な事象をさらって、なぜそうなったか、というところまで踏み込んで叙述してないのは少し不満が残るところではあります。例えば、昭和期の日本の指導者は明治期の指導者よりも自国への客観的評価がなぜできなくなったのか、とか。そこは興味が出てきたら読者で関連本を読んで勉強してくださいということかもしれないです。

 

3. 「21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考」

ユヴァル・ノア・ハラリ著,柴田裕之訳 河出書房新社 2019/11/19

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

 

『サピエンス全史』『ホモ・デウス』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。

いま何が起こっているのか――?
すべての現代人必読の21章
1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」
2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない
3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている
4 平等――データを制する者が未来を制する
5 コミュニティ――人間には身体がある
6 文明――世界にはたった一つの文明しかない
7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする
8 宗教――今や神は国家に仕える
9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない
10 テロ――パニックを起こすな
11 戦争――人間の愚かさをけっして過小評価してはならない
12 謙虚さ――あなたは世界の中心ではない
13 神――神の名をみだりに唱えてはならない
14 世俗主義――自らの陰の面を認めよ
15 無知――あなたは自分で思っているほど多くを知らない
16 正義――私たちの正義感は時代後れかもしれない
17 ポスト・トゥルース――いつまでも消えないフェイクニュースもある
18 SF――未来は映画で目にするものとは違う
19 教育――変化だけが唯一不変
20 意味――人生は物語ではない
21 瞑想――ひたすら観察せよ

イスラエルの歴史家ユヴァル・ノア・ハラリ氏の本では「サピエンス全史」を手に取られた方は多いと思います。 サピエンス全史は、ホモ・サピエンスがいかにして旧人に優位に立ち社会や国家を築き、知識や情報を集合知としていったかという壮大なストーリーを描きました。目次を見ると、この本はサピエンス全史の「その先」を提示するようなものになっているのかもしれないです。専門家でも理解が難しい話を、一般人が読んでわかるように描くハラリ氏の描写力は凄いの一言です。世界史の本ではありませんが、世界史のその次の本という感じで読めるかもしれません。

 

4. 「オリジン・ストーリー」 

デイヴィッド・クリスチャン著, 柴田裕之訳 筑摩書房 2019/11/15

オリジン・ストーリー (単行本)

オリジン・ストーリー (単行本)

 

 私たちはどこから来たのか、私たちは何者で、どこへ向かおうとしているのか―。有史以来繰り返されてきたこの問いに、われわれ現代人はどんな答えを導き出せるのか。それに真正面から挑むのが、著者デイヴィッド・クリスチャンが提唱する「ビッグヒストリー」だ。その醍醐味は何といっても、宇宙創成から、太陽系や地球の形成、生命の誕生・進化、ホモ・サピエンスの登場、そして現代文明までの138億年を一つの物語として描き出す圧倒的なスケールにある。天文学、物理学、地質学、生物学から考古学、人類学、歴史学、経済学まで、ありとあらゆる学問分野の最先端の成果を結集させたビッグヒストリー。われわれが語りうるもっとも壮大な歴史がここにある。

 デイヴィッド・クリスチャン氏は「ビッグ・ヒストリー」という概念を作ったことで有名な人です。これまでの歴史学の分野を超えて、宇宙学・物理学・生物学などの理学系と、歴史学・地理学などの人文学系の知識をあわせて非常にマクロな観点から歴史を見ていくというも壮大なもの。日本人が考える「歴史」とは違いますが、今後はこういうものが「歴史」という分野になっていくのかもしれないですね。

 

5. 「人種と歴史/人種と文化」

クロード・レヴィ=ストロース著,渡部公三訳 みすず書房 2019/10/11

人種と歴史/人種と文化

人種と歴史/人種と文化

  • 作者: クロード・レヴィ=ストロース,ミシェル・イザール,渡辺公三,三保元,福田素子
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2019/10/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

世界で読まれるコンパクトな名著「人種と歴史」を、第一人者・渡辺公三の新訳で。文化の多様性をふたたび断固擁護した「人種と文化」併収。新序文。

『人種と歴史』は1952年、ユネスコの依頼で書かれた。人種差別の偏見と闘う小冊子シリーズの一冊であり、キャンペーンの背景にはナチス・ドイツの人種理論の根絶という戦後の切迫した問題意識があった。
レヴィ=ストロースは、あらゆる社会に存在する〈自民族(自文化・自社会)中心主義〉の幻想性を突き、徹底した文化相対主義を提示し、鋭利な論理で人種主義の思想的根拠を解体する。著者が論じた核心と、込めた熱意を、レヴィ=ストロース研究の第一人者・渡辺公三の訳はまっすぐに伝える。『人種と歴史』は、フランスでは人種差別反対の基本図書として高校の教材になっているという。レヴィ=ストロース思想全体の理解にも肝要の書であり、『野生の思考』『神話論理』に結実してゆく基本的主題と一貫した倫理的態度のエッセンスが凝縮されている。そして、ここに示された他者の寛容、人類史スケールの歴史観は、時を越え、根源的問いを投げかけてやまない。
1973年ふたたび文化の多様性を断固擁護した「人種と文化」(三保元訳)を併収。長くレヴィ=ストロースと研究をともにした人類学者・民族学者イザールが、両著の書かれた経緯、呼び起こした反響から今日の評価までを解説した序文(2001年)をよせる。

〈「人種と歴史」と「人種と文化」は、今日的意義の照明のもとで一気呵成に読まれるべきではなかろうか。なぜならそれらはひとつの偉大な思考作品として、われわれを取り巻くこの世界と消滅していく諸世界についての同じひとつの考察の、切り離しがたい二側面を共に形作っているからである〉(「序文」)

〈人類の文化の多様性は、われわれの背後に、われわれの周囲に、われわれの眼の前にある。そこでわれわれが主張できるただひとつの要請は(それぞれの個人に、それは対応する義務をうみだす)、ひとつひとつの形態が、他者のもっとも大きな寛容性への寄与となるような、そのような形態のもとで多様性が自らを実現することである〉(「人種と歴史」)

現代思想の「構造主義」を確立したフランスの社会人類学者クロード・レヴィ=ストロースの名著の新訳版です。世界中で排外主義の機運が高まり、多様性を排除する動きが高まりつつある現在、再び読まれるべき本の一つであろうと思います。

 

6. 「反日種族主義」

李栄薫 文藝春秋 2019/11/14

反日種族主義 日韓危機の根源

反日種族主義 日韓危機の根源

 

韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場!

緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。
7月の刊行以来、11万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。
その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。
民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。
本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

作者が訴えられたり、市民団体のオッサンに襲撃されたりと、いろんな意味で話題になった本です。邦訳が出版されるということでその「悪影響」が懸念されるといったニュースも。本の内容というよりは、この本のどういう部分に韓国人が敏感に反応したかを分析しながら読んでみると面白そうです。

 

7. 「交易の世界史 - シュメールから現代まで」

ウィリアム・バーンスタイン著,鬼澤忍訳 筑摩書房 2019/8/9

交易の世界史 上 (ちくま学芸文庫)

交易の世界史 上 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: ウィリアムバーンスタイン,William J. Bernstein,鬼澤忍
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

絹、スパイス、砂糖……。新奇なもの、希少なものへの欲望が世界を動かし、文明の興亡を左右してきた。数千年にもわたる交易の歴史を一望する試み。

これは狭いようでかなり広いテーマですね。交易の歴史を一望するって、めちゃくちゃ大変だと思うんですけど、どのように本にまとめたかすごく気になります。 

 

8. 「中華の成立」 

渡辺信一郎 岩波文庫 2019/11/20 

中華の成立: 唐代まで (岩波新書 新赤版 1804)

中華の成立: 唐代まで (岩波新書 新赤版 1804)

 

「中国」はどこから来てどこへ行くのか.群雄割拠を繰り返してきた雄大な歴史を,世界史的な視座から全五巻で描きだす画期的な試み.第1巻では黄河文明が展開した華北を中心に,先史時代から秦漢の統一や三国時代などを経て,中華帝国が形成される八世紀半ばの唐代中期までを扱い,伝統中国の原型を明らかにする.

中華という概念は宋の時代に誕生したと言われていますが、夏や華夏という概念は自分と他民族を比べた時の区別的な概念として殷・周の時代から存在し、他民族を取り込みながら物理的な領土もどんどん拡大していきました。そこにトピックをあてた文庫ということで、本屋で立ち読みしてみたんですが、考古学的な内容が多く、かなり骨太なもので、時間をかけてじっくり読もうと思います。

 

9. 「アジアの世紀」

パラグ・カンナ 著,尼丁千津子訳 原書房 2019/11/21

アジアの世紀 上:接続性の未来

アジアの世紀 上:接続性の未来

 

アジア全体の「成長と発信」は、生産力、資源、マンパワーのみならず、文化や習慣にいたるまで、世界中の注目を集めている。気鋭の国際政治学者がアジアと日本の潜在能力と行く末を、膨大なデータからひもといたベストセラー!

これもビッグ・ヒストリー的な発想の本っぽいですね。

「アジアの持続性」というところをどう描いているかがすごく気になります。

余裕があったら読んでみたいです。

 

10. 「はじめての三国志 ─時代の変革者・曹操から読みとく」 

渡邊義浩 筑摩書房 2019/11/16

はじめての三国志 (ちくまプリマー新書)

はじめての三国志 (ちくまプリマー新書)

 

劉備、孔明率いる蜀が中心に語られる三国志。しかし、時代に多大な影響を与えたのは、彼らではなく曹操だ。彼を中心に読みとけば、新たな歴史の一面が見えてくる。

 実はぼくは三国志は全然詳しくないんです。ちゃんと学びたいなとは思いつつ、まだ手がつけられていないので、この本は入門的には結構いいような気がしています。横山三国志を読め、と言われそうな気がしますが、逆にあれは後でもいいかもしれないです。

 

11. 「インディアンとカジノ ─アメリカの光と影」

野口久美子 筑摩書房 2019/11/15

インディアンとカジノ ──アメリカの光と影 (ちくま新書)

インディアンとカジノ ──アメリカの光と影 (ちくま新書)

 

ラスベガスを上回る、年間30兆円のビッグ・ビジネスはなぜ生まれたのか。インディアンの歴史を跡づけ、その意義となおも残る困難を明らかにする。

 インディアンが自治を許されている保養地では、インディアンの雇用と生活を守るという名目でインディアン・カジノをオープンするのが許されています。言われてみたらこれって結構グレーで、格差、教育、差別など様々な問題を放置したままなんですよね。

 

12. 「西洋占星術史 科学と魔術のあいだ」

中山茂 講談社 2019/9/12

西洋占星術史 科学と魔術のあいだ (講談社学術文庫)

西洋占星術史 科学と魔術のあいだ (講談社学術文庫)

 

本書は、科学や科学技術の歴史に詳しい専門家が誰にでも分かるように、そして面白く読めるように占星術の歴史をコンパクトにまとめた1冊です。
占星術を生み出したのは、現在のバクダット南方に位置するバビロニアで紀元前9世紀頃から勢力を伸ばしたカルデア人でした。天文学に長けていたカルデア人は、日蝕や月蝕、彗星の出現などを地上に起きることの前兆として捉え、将来訪れる災厄を予言する技法として、占星術を開発したのです。この技法が、のちの紀元前4世紀に登場したアレキサンダー大王がバビロニアを征服したことをきっかけにしてギリシア世界に流入し、さらに古代ローマに継承されていくのが「西洋占星術」の発展につながっていきます。当初はもっぱら天下国家の運命を対象にしていた占星術は、やがて個人の運命を占うようになりました。個人といっても、はじめは皇帝や王だけがその恩恵にこうむることができましたが、時代が進むにつれて、一般の人たちも自分の運命を知るために占星術にアクセスするようになったのです。

占星術の本は腐るほどありますが、占星術史の本は珍しい気がします。ルネサンス期の本を読んだらよく分かりますが、科学と魔術ってかなりニアリーなんですよね。この辺りの歴史もちゃんと学ぶと面白そうです。

 

13. 「奴隷船の世界史」

布留川正博 岩波書店 2019/8/22 

奴隷船の世界史 (岩波新書)

奴隷船の世界史 (岩波新書)

 

その犠牲者は,1000万人――400年にわたり大西洋上で繰り広げられた奴隷貿易の全貌が,歴史家たちの国境を越えた協力によって明らかになってきた.この「移動する監獄」で,奴隷はいかなる境遇に置かれたのか.奴隷貿易と奴隷制に立ちむかったのはどんな人たちか.闇に閉ざされた船底から,近代をとらえなおす.

以前読んだ本で、もし奴隷貿易がなければアフリカ諸国は現在の新興国レベルの経済発展をしていたであろうとありました。いかに奴隷貿易がアフリカからヨーロッパ・アメリカに富を収奪したかが分かる歴史的な証拠です。読んだらかなり気分が沈みそうな本ですが、目を背けてはいけません。

 

14. 「世界史とつなげて学ぶ 中国全史」

 岡本隆司 東洋経済新報者 2019/7/5

世界史とつなげて学ぶ 中国全史

世界史とつなげて学ぶ 中国全史

 

気鋭の東洋史家による渾身の書き下ろし!
教科書では教えてくれない真実の中国史

・黄河文明はどのように生まれたか
・中華思想が誕生した理由
・気候変動と遊牧民がつくる歴史
・ソグド人が支えた唐の繁栄
・「唐宋変革」で激変した中国社会
・モンゴル帝国は温暖化の産物
・明朝こそ現代中国の原点
・なぜ「満洲」と表記するのが正しいか
・明治日本の登場が中国の歴史を変えたetc
驚くほど仕事に効く知識が満載!
現代中国を理解する最高の入門書

 仕事に役立つかは分かりませんが…中国史がいかに世界史と有機的につながっているかを学ぶのは教養として必要と思います。歴史のビギナーにはとてもいい本かと思います。

  

15. 「一冊でわかるイギリス史」

小林照夫 河出書房新社 2019/8/21

一冊でわかるイギリス史 (世界と日本がわかる 国ぐにの歴史)

一冊でわかるイギリス史 (世界と日本がわかる 国ぐにの歴史)

 

イギリスとはどういう国か。その歴史を図やイラストを使いながらわかりやすく、ていねいに描く。コラム「そのころ、日本では?」「知れば知るほどおもしろいイギリスの偉人」も役に立つ。

 これも世界史のビギナー向けの本かもですね。お子様を歴史沼に引き込むにもいいかもしれないです。

PR

 

 

16. 「独裁者はこんな本を書いていた」

ダニエル・カルダー著,黒木章人訳 原書房 2019/10/21

独裁者はこんな本を書いていた 上

独裁者はこんな本を書いていた 上

 

レーニン、スターリン、ムッソリーニ、ヒトラー、毛沢東……20世紀の悪名高き独裁者たちは何を読み、何を執筆したのか。その膨大な著作のすべてに目を通した著者が、彼らの目論見や文才まで、知られざる一面を明らかにする。

 これはいい切り口ですね。独裁者とは何か?というのもありますが、悪名高い政治家が何を読んでどのような影響を受けたかを分析するのは面白い試みです。何か法則があるのかは分かりませんが、本としてはかなり面白そうです。

 

17. 「中世ヨーロッパの結婚と家族」

ジョゼフ・ギース,フランシス・ギース著 栗原泉訳 講談社 2019/8/10

中世ヨーロッパの結婚と家族 (講談社学術文庫)

中世ヨーロッパの結婚と家族 (講談社学術文庫)

 

古今のあらゆる社会において、「家族」は、人が食べ、学び、経済生活を送る普遍的な場であったが、同時に、常に変化し続けるものでもあった。今日の家族は、ヨーロッパ中世が生み出した歴史の産物なのである。
古代には、貴族の一夫多妻は当然であり、ローマ時代の「ファミリア」は、血族だけでなく奴隷や召使いをも含んでいた。中世の1000年間に、「解消不能な一夫一婦制」という原則はどのように定着し、「夫婦と子どもたちが一つの家に住む」という家族観はなぜ生まれたのか。14世紀の大災厄、黒死病以降に、家族のあり方や、子どもへの接し方はどう変わったのか。貴族や中流階級、農民や職人など、様々な人々の「結婚」と「家族」の進化の道筋を丹念に描く。

結構細かいテーマに見えますが、実は幅が広くて結構壮大なテーマですよね。 ヨーロッパというのも広いし、中世というのも広いし、結婚や家族の形というのも相当な幅があります。 「家族」というものがどのように作られていったか。時間をかけてじっくり見たいです。

 

18. 「韓国 行き過ぎた資本主義」

金敬哲 講談社 2019/11/13

韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩 (講談社現代新書)

韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩 (講談社現代新書)

 

 IMF危機以降の行き過ぎた新自由主義により、すべての世代が無限競争に駆り立てられている「超格差社会」韓国の今をリポート。 ◎子供 小学5年で高校1年の数学を先行学習、 1日に2、3軒の塾を回る。 幸福指数は、OECDの中で最下位クラス。 ◎青年 文系の就職率56%。 厳しい経済状況のもと、 人生の全てをあきらめ「N放世代」と呼ばれる。 ◎中年 子供の教育費とリストラで、 中年破綻のリスクに晒される。 平均退職年齢は男53歳、女48歳。 ◎高齢者 社会保障が脆弱で、老人貧困率45%以上。 平均引退年齢の73歳まで、 退職後、20年も非正規で働き続ける。 政権が政策を誤れば、これは世界中のどこの国でも起こりうる。 新自由主義に向かってひた走る、日本の近未来の姿かもしれない!

これは読みました。買った日の帰りの電車と寝る前の時間で全部読みきりました。壮絶な受験戦争で病む子ども、就職戦争で疲弊する若者、高額な教育費を払うため上場企業の役員ですらワープア化、退職後20年近く非正規でキツイ労働をして日銭を稼ぐ老人。読んでて本当に心が暗くなってきます。同時に、なんでムン・ジェイン政権の根強い支持があるかよく分かりました。

 

19.「 教養としての『国名の正体』」

藤井青銅 柏書房 2019/11/13

教養としての「国名の正体」

教養としての「国名の正体」

 

「日本は〝ニホン〟? 〝ニッポン〟?」
「アメリカ合衆国はなぜ〈合州国〉じゃないの?」
「赤道ギニアに〈赤道〉はない!」
「〈サモア独立国〉〈ボリビア多民族国〉って一体どういうこと?」……

「国名」には、各国家の歴史・地理・理念・風俗といったさまざまな「大人の事情と思惑」が込められている。「国の名前」はそれぞれの国の「姿」を反映している――つまり、国名も「名は体を表す」のだ。もちろん、日本だって例外ではない。

歴史や理念の積み重なりが「国名」として立ち現れているのなら、その由来を知ることで世界の姿も違って見えてくるはず!――歴史や地理の視点だけからは決して見えてこない、まったく新しい世界の見方、ここに登場!

 これは面白い切り口ですね。国旗とか国歌の本は読んだことありますけど、国名だけの本ってのは読んだことないです。この切り口は是非ブログでパクりたいです…。

 

20. 「ワイン法」

蛯原健介 講談社 2019/11/13

ワイン法 (講談社選書メチエ)

ワイン法 (講談社選書メチエ)

 

高級ワインを高級たらしめているのは、ただ「美味しさ」だけではない。
特定の産地、特定の生産者のワインだからこそ高く売れるのである。
産地名、生産者名、ヴィンテージ、ぶどうの品種名……これらの情報が、ブランドをブランドたらしめているとも言える。
とりわけワイン王国フランスにて繰り広げられた、ブランドを守るための数百年にわたる戦いと、
そこから生み出された法と制度すなわち「ワイン法」について、第一人者が語り尽くす!

1855年格付け、1889年グリフ法、そしてEU法。苛烈な競争、疫病と害虫、税と規制などをめぐる生産者たちの戦いは、AOC(原産地呼称制度)などのブランドを守る法と制度へと結実した。
そしてAOCは、GI(地理的表示)として世界に広がり、いまや日本でもヨーロッパのワイン法は大きな意味を持つ。
本書で語られることは、わたしたちの生活、ビジネスにも直結する大きな問題となっている。

 「高級食品は情報を食べるもの」といった皮肉が言われることがありますが、その情報がどのように作られるか、そのいい例がワインです。ブランドを作るとはどういうことかを教えてくれるいい教材になりそうです。

 

21. 「図説 パリ 名建築でめぐる旅」 

中島智章  河出書房新社 2019/8/27

図説 パリ 名建築でめぐる旅 (ふくろうの本)

図説 パリ 名建築でめぐる旅 (ふくろうの本)

 

 『ガリア戦記』、十字軍、ルイ14世(ルーヴル宮殿)、パリ万博(エッフェル塔)等、歴史的建造物からパリの歴史をひもとく画期的な一冊! ノートル・ダム大聖堂の消失に関する論稿掲載。

 今年ノートルダム大聖堂が消失して大きなニュースになりました。首里城もそうですが、こう続くと偉大な建築物は見れるうちに見ておかないとな、という気持ちになります。

 

 22. 「韓国近代美術史」

洪善杓著,稲葉真以,米津篤八訳 東京大学出版会 2019/9/27 

韓国近代美術史: 甲午改革から1950年代まで

韓国近代美術史: 甲午改革から1950年代まで

 

近代から戦後にいたる韓国の美術はいかなる変遷を辿ったのか.「西洋美術の移植」という西洋美術研究に基づく見方ではなく,「伝統と近代の統合」という視点から新たな韓国美術史を拓いた第一人者による通史.韓国社会の歴史のなかでの美術史が学べる概説書.掲載図版多数.

韓国に関する本は、しょうもない嫌韓本も含めて本屋にいっぱい並んでます。やっぱり需要が高まっているんでしょうか。単純な韓国の美術の歴史ではなく、社会の歴史の中でどう美術が発展してきたかという視点で描かれている本書は貴重です。

 

23. 「イギリスの子どもの本の歴史」

 三宅興子 翰林書房 2019/10/22

 この全3巻は、主に、『イギリス児童文学論』『イギリス絵本論』の刊行後、約25年間にいろいろの媒体で発表した論文などを集めた選集です。なかには、折々に興味をもった雑文もまじっています。
 その間に児童文学の「作家・作品」中心の研究は、大きく変化していきました。手書き原稿がパソコン入力になり、文献検索も電子ネットワークの発達で容易にできるようになりました。「子どもの本」の研究、特に、絵本や挿画の研究へと興味が移っていき、イメージの守旧性を追求するカルチュラルスタディーズに近いものが研究の中心になっています。
誰も鍬をいれていない沃野に入って、夢中になって開拓しているような楽しい感じの仕事が多かったのですが、3巻にまとめるのは大仕事でした。
 校正をしながら、自己批判をしたり、お世話になった方々の思い出に耽ったりいたしました。お近くに置いていただけましたら幸いです。

 なかなかニッチなテーマですが、紹介文を読んでると情感的で作者の思いがこもってそうな本に見えます。おもしろそうです。

 

24. 「食用花の歴史」

コンスタンス・L・カーカー ,メアリー・ニューマン 著,佐々木紀子訳 原書房 2019/11/19 

食用花の歴史 (「食」の図書館)

食用花の歴史 (「食」の図書館)

  • 作者: コンスタンス・L・カーカー,メアリー・ニューマン,佐々木紀子
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

近年注目される食用花(エディブルフラワー)。人類はいかに花を愛しつつ食べてきたのか、その意外に豊かな歴史を追う。分子ガストロノミーや地産地消運動などの最新事情、菊、桜などを使う日本の食文化にも言及。レシピ付。

 原書房の食の図書館シリーズは大好きですが、これまた渋いテーマですね…。

食用花生産は今後フードビジネスの中で伸びると言われている分野で、そこを突いてくるのはさすがです。

 

25. 「第一次マケドニア戦争とローマ・ヘレニズム諸国の外交」

伊藤雅之 山川出版社 2019/11/16

第一次マケドニア戦争とローマ・ヘレニズム諸国の外交 (山川歴史モノグラフ)

第一次マケドニア戦争とローマ・ヘレニズム諸国の外交 (山川歴史モノグラフ)

 

第一次マケドニア戦争から第二次マケドニア戦争にかけて、古代ローマやヘレニズム諸国がどのように外交を展開しそれに参画していったのかを、古代ギリシア国家アイトリア連邦の石碑や碑文文書を多く取り上げながら論じる。

古代ローマがマケドニアをはじめとしたヘレニズム諸国に干渉していく様は、世界史でちょっとは触れますがそれだけを取り扱っているのぼくは読んだことないです。すごい興味あります。

 

26. 「近代中央ユーラシアの眺望」

 野田仁,小松久男 山川出版社 2019/10/12

近代中央ユーラシアの眺望

近代中央ユーラシアの眺望

 

今日のグローバリズムの時代において、世界はますます距離を縮めている。中央ユーラシア地域もまた例外ではない。しかしながら、今の日本において、中央アジアからヴォルガ・ウラル、クリミア、コーカサスまでを含むこの広大な空間について、はっきりとした地域像が結ばれるとはいいがたい。その歴史像は漠然としたイメージが先行して語られることが多いだろう。本書は、1991年のソ連解体を経て大きな変容を遂げた中央ユーラシア史研究の最新の成果を、とりわけこの地域が近代帝国に包摂されていく19世紀から20世紀初頭に焦点をあてて多面的に示し、より鮮明な歴史像を描こうとするものである。
各章の考察によって、中央ユーラシア史の最大の魅力とも呼ぶべき、民族・言語・文化といった多様な要素の共存がいっそう浮き彫りになるだろう。

これは図書館にあったので借りて、全部じゃないですが興味がある部分だけ読みました。主に12世紀から近代までの論文集です。ぼくも中央アジア史はさほど詳しくないのですが、結構専門的でかなり勉強になりました。

 

27. 「19世紀ポーランド社会経済史」 

藤井和夫 関西学院大学出版会 2019/9/25

19世紀ポーランド社会経済史: ウッジにおける企業家と近代社会の形成 (関西学院大学経済学研究叢書)

19世紀ポーランド社会経済史: ウッジにおける企業家と近代社会の形成 (関西学院大学経済学研究叢書)

 

列強に分割併合された19世紀ポーランドにおける近代社会形成の重要なモデルとなった繊維工業都市ウッジ.。そこでの企業家たちに注目し、どのように企業家精神を発揮したのかを明らかにする。

21世紀の地域大国と目されているポーランド。今は問題が多い社会ですが、地政や人口構造的には発展する余地が大きい国と見られています。

現代ポーランドの企業のルーツを知るという点で、19世紀からの起業家のルーツは重要な視点ではないかと思います。目次がこちらから見れます。

  

28. 「タイのかたち」

赤城攻 めこん 2019/10/25 

タイのかたち

タイのかたち

  • 作者:赤木 攻
  • 出版社/メーカー: めこん
  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: 単行本
 

タイは「外来人国家」である。タイには「タイ人」はいない。誰が「タイ」をつくったのか? なぜ? どのようにして? 謎が次々に明らかになり、不明瞭な「タイのかたち」がはっきりと見えてきます。タイ研究の第一人者である著者の長年の研究と考察が明快なタイ論として結実しました。専門的な内容ですが、自らの体験を踏まえたわかりやすい記述となっており、「タイ」ファンに広く読まれると思われます。
謎をはらんだ「ラームカムヘーン王碑文」の原文と日本語訳を配した菊地信義の装幀もユニークです。

これ買いました。本屋で手にとった時、装幀にラームカムヘーン王碑文の日本語訳が書かれていてなんじゃこりゃとなりました。パラパラ中身を読みましたが、歴史や筆者のコラム的なものがミックスし内容もスコータイ時代から現代のタイ論まで幅広く、面白そうでした。年末の帰省中に読もうと思ってて、楽しみにのために取っています。 早く読みたいです。

 

29. 「箴言集」 ラ・ロシュフコー著, 武藤剛史訳 講談社 2019/7/12

箴言集 (講談社学術文庫)

箴言集 (講談社学術文庫)

 

われわれの美徳とは、偽装された悪徳にほかならない――

17世紀フランスの激動を生き抜いた公爵にしてモラリストが、人間の本性を見事に言い表した「箴言」。
鋭敏な洞察と強靱な思考、そして豊かなユーモアによって紡ぎ出された一行が、神からの自立を果たした近代人の抱える「自己愛」という宿命を撃ち抜き、さらには現代のわたしたちの心に深く刺さる。原文が醸す空気までをも伝える新訳。

「しんげんしゅう」と読みます。17世紀フランスのサロン文化の中で生まれた、人間のエゴや醜悪さを格言的にまとめた書物です。

「涙のなかには、他人を騙しおおせたあとあとで、しばしば自分自身をすら欺くものがある」

など。

なんというか、心かが乾いている時読んだら病みそうな本かもしれないです。

 

30. 「英文 詳説世界史」

橋場弦,岸本美緒,小松久男,水島司監修 山川出版社 2019/8/30 

英文 詳説世界史 WORLD HISTORY for High School

英文 詳説世界史 WORLD HISTORY for High School

 

本書は、国内の高校世界史教科書としてもっとも定評のある、山川出版社の『詳説世界史』を英訳しました。
日本の世界史教科書は、各地域・時代にバランスよく目配りした教科書であると評価されており、本書は、そのような日本の世界史認識を、広く海外の人びとにも知ってもらいたいとの願いから生まれました。
また、グローバル化がすすみ、日本人が諸外国の人びとと国際情勢や歴史文化について意見を交わす機会が増えている今日、世界史に関わる事項が、英語でどのように表現されるのか知っていますか?
みなさんが、世界と日本の歩みについて各国の人びとと語り合おうとするとき、本書が最良の手引きとなることでしょう。

これは山川の世界史の英語版です。ニッチっちゃあニッチかもですが、これは非常に有用な書だと思います。

紹介文にもある通り、世界の人と歴史を語り合おうとする時に有用なのものそうですが、英語の論文や本を読む時の基本的な知識になる本じゃないかなと思います。

 

あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史

尾登雄平 KADOKAWA 2019/12/6

あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史

あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史

 

大人気ブログ「歴ログ」の著者、ついにデビュー!

欧米、アジアだけでなく、アフリカ、南米さらにはミクロネーションまで! 世界を網羅する今までになかった『世界史』読本、ついに完成!
・キリストはキリスト教を作るつもりなんて「全く」なかった!
・兄弟喧嘩から生まれたフランス、ドイツ、イタリア
・中国は「銀」で大国になった!
・ピラミッドはただのお墓ではなく「循環施設」として国を支えていた
・歴史上もっとも偉大なイギリス人チャーチルは性格が「超最悪」だった!
・極悪非道なチンギス・ハンはとんでもなく「優秀な経営者」だった!
・天才にして英雄カエサルは「超プレイボーイ」だった!
この1冊で「世界史の本」数十冊分の知識が一気に学べる!

すいません!!!

最後は宣伝をさせてください。こういう、歴史の偉大なプロの方々の著作と並べて紹介するのはとんでもないことなのですが・・。どうかお許しください。

 12/6に、歴ログの初めての書籍が出ました。古代から現代まで、流れをわかりやすく追いつつ、歴ログらしいちょっとしたトリビアなども交えた楽しい本となっている。といいなと思っています。

書いた後は「よし、いいの書けた」と思ったんですが、だんだん自信がなくなってきて不安しか残らなくなってきました。初めてだらけのまま、何がストライクかわからないまま、とりあえず全力で振りかぶって投げました、という本です。

どうか温かい目で見ていただけると幸甚です。

PR

 

 

まとめ

年末には歴史に限らず内容が濃くて厚い本がたくさん出ますが、なかなかのラインアップです。ぜひおもしろそうな本を見つけてください。

 あと、私の本は、万に一つ、興味があればお手にとっていただけると嬉しいです。7割くらいはこの本のために新規に書き起こしています。