歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

なぜガイルはアメリカ人に絶大な人気があるのか

f:id:titioya:20190820014907p:plain

(C) Capcom USA

アメリカ人が考える「格好良さ」を体現したガイル

ストリートファイターシリーズの主要な登場人物の一人であるガイル。
日本を始め多くの国のファンにももちろん人気があるのですが、アメリカではなぜか別格扱いされています。主役級のリュウに匹敵するか、それ以上の人気を誇ります。
なぜガイルはアメリカで人気なのか、アメリカ文化史や社会史の観点から考察していきたいと思います。
なお、この記事はある程度ストリートファイターシリーズについて知っている前提で書きます。ストリートファイターシリーズやガイルについての基本的な説明は省いてお話しします。あらかじめご了承ください。

 

1. アメリカで主役級の扱いであるガイル

ガイルがアメリカで人気で、主役級の扱いであることを皆が知ったのは1994年の映画「ストリートファイター」からではないかと思います。
この映画では、ジャン=クロード・ヴァン・ダム演じるアメリカ軍のガイル大佐が、インターポールの春麗らの協力を得て悪の国家シャドルーに立ち向かうというストーリーです。

期待していた日本のファンは、「え、なんでガイルが主役なの?」と思ったに違いありません(ぼくも思いました)。

youtu.be

この映画ではゲームでは主役であるリュウは途中まで敵なのか味方なのか分からないキャラとなっていて、その他のキャラも結構微妙な扱いをされているものが多く、製作者の苦悩が見て取れるのですが、確かにガイル大佐がいることで、正義のアメリカが悪の独裁者(ベガもヒトラーやムッソリーニのようなビジュアル)を倒すという分かりやすい典型的なアクション映画に仕上がっています。

とはいえ、この映画がきっかけというわけではなく、ストリートファイター2がアメリカでヒットしたタイミングから、多くのアメリカ人がガイルというキャラクターに共感し好んでいたという事実があってのことです。 

 

アメリカ人がいかにガイルが好きかというのは、YouTubeのストリートファイターシリーズの動画のコメント欄を読めばよく分かります。 

f:id:titioya:20190822205341p:plain

ガイルがアメリカを再び偉大にする

 

f:id:titioya:20190822204536p:plain

ガイルはトランプやヒラリーとかビル・クリントンよりもアメリカ人だ

ガイルを大統領にしよう

 

(ストリートファイター5にガイルが登場するというニュースを聞いて)

f:id:titioya:20190822205807p:plain

オレはいま赤と白と青の涙を流している

 

f:id:titioya:20190822210027p:plain

アメリカ、彼は両腕に星条旗のタトゥー入れてるしマジ超アメリカ人だぜ!

 

f:id:titioya:20190822205108p:plain

あれはタトゥーじゃない…生まれつきのアザだ

 

f:id:titioya:20191017003946p:plain

ガイルのテーマ曲を聞きながらベッドに入って、アメリカン・ドリームを見たものさ

 

f:id:titioya:20191017004127p:plain

日本がオレたちのためにもっと良い国歌を作ってくれた

 

あまりにアメリカ人の愛国的コメントが熱く、こんな茶化したコメントも混じってます。

f:id:titioya:20190822203750p:plain

ガイルのテーマ曲はオレをアメリカ人として誇らしい気持ちにさせるぜ。
まあ、オレはアメリカ人じゃないんだけど。

 

 これらのコメントを見ていくと、半分以上ジョークであるにせよ、アメリカ人の一部はガイルを「アメリカ的」な存在として見ていることが分かります。

では、アメリカ人がガイルを「アメリカ的」と見る要素はどこにあるのでしょうか。

 

2. 愛国心の強いガイル

ガイルはアメリカ空軍所属の現役の軍人。さらに、両腕に星条旗のタトゥーをしていることもあり、非常に愛国心が強いキャラクターであることが分かります。

ガイルがアメリカ人に愛される一番大きな要素はこれと思います。

アメリカのテレビ番組を見る方はよく知ってると思うのですが、アメリカでは「自らを犠牲に晒して国を守る」軍人へのリスペクトが非常に強いです。現役兵はもちろん、退役兵に対しても感謝の念を忘れないのが社会的な美徳とされます。

それがよくわかるのがこのショートムービー「Thank You For Your Service」。

この動画では、ベトナム戦争の退役兵と現役の兵がコーヒー店で出会い、互いに感謝を言い合う、というシンプルなものですが、再生数は500万回を超え、コメントも肯定的なものばかりです。

www.youtube.com

f:id:titioya:20190823025921p:plain

f:id:titioya:20190823025946p:plain

f:id:titioya:20190823030007p:plain

f:id:titioya:20190823030031p:plain

f:id:titioya:20190823030052p:plain

アメリカ社会は政治、地域間、世代、人種、アイデンティティでの対立と分断は常に抱えていますが、唯一党派を超えて国民が一つになれるのが、程度の差はあるにせよ、「星条旗」と「愛国心」です。

星条旗はアメリカ国家そのもののシンボルであり、アメリカという存在は「正義」そのものを表します。1776年に出版されたトマス・ペインの「コモン・センス」にはこうあります。

アメリカの大義は、その大部分が人類の大義なのだ

The cause of America is in a great measure the cause of all mankind.

アメリカという国と星条旗は「聖なるもの」であり、どういう文脈からでも「正義」や「正しさ」に持っていけるという、水戸黄門の印籠のような便利なグッズであります。

ただし他の国と違う点があります。

愛国心はイコール政府や国のトップへの支持に結びつきやすいですが、アメリカでは必ずしもそうならない傾向がある点です。それは伝統的な「自由」の概念をめぐる戦いであります。アメリカ独立宣言には以下のようにあります。

我々は以下の真理を自明のこととする。すなはち、すべての人民は平等に造られ、誰にも奪うことのできない一定の権利を、神からいただいている。それは生命であり、自由であり、幸福の追求である。

これを書いたのは、アメリカ建国の功労者の一人で第3代大統領のトマス・ジェファーソン。ジェファーソンはこれを連邦政府や資本家から独立した独立自営農民(ヨーマン)の理性的な行動による共和的な社会の達成を前提にこの文章を書きおこしました。

権力の干渉から自由を求める自営農民からすると、アメリカ連邦政府や政治家は自分たちの自由を奪おうとする悪に思える。しかし、為政者は為政者でこの自由と幸福の追求をアメリカ国外へと拡げようとした時に、徴税や徴兵の点で国民生活に干渉をしなくてはいけないし、民の理性などに期待していたら国の発展など期待できない。自由をどこまで広げるべきかの論争は、どの時代でもホットイシューであり、常にアメリカという国のあり方を規定し、時代ごとに移り変わっています。

そんなわけで、政府や政治家への不信感というのは、アメリカ国家の「地下水脈」に滔々と流れています。ルーズベルトの時代は大統領とアメリカの親和性は強かったけど、ニクソンの時代は低くなるといったことが起こります。

しかしどのスケールの自由を守るにせよ、常にリスクを負うのは一般の兵であるため、大統領や政府よりもむしろ、一般の軍人のほうがアメリカという国を体現していると思う人が、絶対数でいうと多いのです。

そういうわけでガイルが一般軍人であるがゆえに、保守派でもリベラル派でも、アメリカ人の愛国心に訴えかけやすい。彼らが愛するアメリカというのがどこまでのスケールかは個々人でかなり違いますが、軍務に就く軍人ガイルの愛国心と自らの愛国心を重ね合わせて共感するのだろうと思います。

PR

 

 3. 友と家族のために戦う

ガイルは行方不明になった親友のナッシュの行方を探し、その調査の中で秘密結社シャドルーの存在を探し当て、その頭目であるベガ(海外版だとM.バイソン)に立ち向かっていくというストーリーになっています。親友のために家族(妻と娘、犬一匹)を蔑ろにし、親友の復讐を果たすまでは家に帰らない決心をしています。

ただし、家族への未練は常に持っていて、倒した相手にこのような言葉をかけます。

f:id:titioya:20190823021810j:plain

実は日本語版と英語版だと、結構ニュアンスが違います。

英語版だと"Go home and be a family man"と訳されます。

f:id:titioya:20190823022246g:plain

英語版は「引退して(戦いをやめ)良き家庭人になれ」くらいの結構強いニュアンスの言葉を投げかけていることになります。一方日本語版だと、「国へ帰る」という言葉がどの程度の意味を指すかのニュアンスの違いもあり、「負けを認めて家族に会いにいってやれ(また再起はできる)」という解釈も可能です。人によっては「田舎に引っ込め(もう戦いはやめろ)」の意味ととらえる人もいるかもしれません。

このセリフでガイルの強さを示すと共に、自分自身の願望を図らずも吐露されていて、ガイルが家族と死ぬほど会いたがっているけど、自分の願望を殺して今は復讐のために戦っている、という人物像が見えてきます。アメリカ人がガイルのキャラクターに共感するのはこのセリフも大きいと思われます。

 

4. 不器用な男の生き方

ガイルのような寡黙で真面目で不器用なハードボイルドな男の生き様というのは男性を中心に共感を得られやすく、またこのような男性像は1950年代の西部劇の映画でよく描かれていました。

1952年の映画「真昼の決闘」では、凄腕の殺し屋4人に対し、ゲールー・クーパー演じる保安官ウィル・ケインが仲間や新妻などすべての人から見放され、それでも戦いに挑んでいくという姿を描きました。

www.youtube.com

 

1953年の映画「シェーン」では、流れ者のシェーンがジョーとその一家に肩入れして、ジョーの土地を狙うゴロツキの侵入者と戦い、敵は倒すものの自ら傷を負い、人を殺してしまったからと土地から立ち去っていきます。

このシーンは、傷を負ったシェーンがジョーの息子ジョーイに語りかけるシーンです。

www.youtube.com

f:id:titioya:20190823025207p:plain

f:id:titioya:20190823025327p:plain

f:id:titioya:20190823025245p:plain

このような、生き方は非常に不器用だけど、家族や故郷を守る強い男性像は戦後すぐのエンタメでは多く描かれました。「正義の戦争」だった第二次世界大戦が終わり、大勢の兵士が国に戻った後に支配的となった家父長的でマッチョな価値観は、ベトナム戦争が終わった後も古きよき時代として記憶は残っていて、ガイルのようなキャラクターが見事にそのイメージに当てはまったのではないでしょうか。
実際に、アメリカの黄金自体は第二次世界大戦が終わってベトナム戦争が始まる1950年〜1960年代で、都会のホワイトカラーはもちろん、地方の肉体労働者でも経済的に豊かな暮らしができました。夫は外で働き妻は家のことをよくし、週末にはマイカーでデパートや田舎に遊びにいく、笑顔の絶えない楽しい家庭。こんな理想の家庭の「幻想」がまだ無邪気に語られた時代です。 

 深読みしすぎかもしれませんが、ガイルの人気にはすでに失われた理想のアメリカ、普通に働き幸せを得られた時代への哀愁もあるのかもしれません。

PR

 

まとめ

 ストリートファイターシリーズはゲームなので小説やアニメのように特に明確にキャラ設定がなされておらず、それゆえにファンの「そうだといいな」「そうに違いない」という勝手な解釈が非公式的ながら本流となることもあり、それがいつのまにか公式に追認されるという還流現象もたまにあったりします。 

ガイルというキャラクターも、そこまでキャラクターデザイナーが狙っていたのかわかりませんが、アメリカ人だからこそわかる文脈の中に乗って愛され、成長していったキャラクターなのではないかと思うわけです。

ストリートファイターV Best Price - PS4

ストリートファイターV Best Price - PS4

 

 

 

 参考文献

"概説アメリカ文化史" 笹田直人,外岡尚美,掘真理子 ミネルヴァ書房

概説 アメリカ文化史

概説 アメリカ文化史