歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

ビアフラ戦争史(後編)- 国際社会の介入と内戦の泥沼化

f:id:titioya:20181110132840j:plain

ナイジェリア軍 vs ビアフラ軍の一進一退の攻防

前編では、北部ハウサ・フラニ人と東部イボ人の民族的対立やナイジェリア軍人たちの対立が加速した結果、とうとう東部州が1967年5月にビアフラ共和国として独立するまでをまとめました。

 前編をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

 後編では、ナイジェリア軍のビアフラ侵攻から共和国の崩壊に至る約3年の戦争をまとめていきます。

 

1. 開戦・連邦軍の攻勢とビアフラ軍の反撃

f:id:titioya:20181114185153p:plain

連邦軍の攻勢

 ビアフラ共和国建国宣言から2ヶ月後の1967年7月6日、北東部の町オゴジャに連邦軍が攻撃を開始。ビアフラ戦争が勃発しました。

翌日、北部の町ヌスカに連邦軍の主力6,000が正面攻撃を開始し、ビアフラ軍も3,000の兵力で守備に当たっていましたが難なく突破され、ヌスカの町が陥落します。

次いで7月25日、連邦軍はビアフラ共和国の「心臓部」であるボニー港の攻略にかかります。ボニー港はビアフラが産する石油を輸出する国際貿易港で、西北のポート・ハーコート空港とも連携していました。ビアフラにとってここを抑えられることは国庫の大半を奪われることになります。ビアフラ軍は必死に防衛するも、連邦軍によりボニー港を制圧されてしまいました。

 

ビアフラ軍の反撃

f:id:titioya:20190223140956j:plain

形成逆転のため、ビアフラ共和国のオジュクゥ中佐は、軍が北部と南部に出払ってがら空き状態の首都ラゴスを一気に制圧することを狙い、ビアフラの西隣・中西部に軍を侵攻させました。

中西部の支配者はイボ人の親類筋であるイカ=イボ人が多数派を占めていましたが、住民の大多数は連邦派・反イボ人。そのため中西部知事のエジョール中佐に中西部の中立を求め、エジョール中佐は将校たちと住民の板挟みにあって雲隠れしてしまいました。

中西部には連邦軍は駐留していなかったためビアフラ軍は易々と乗り込んで制圧し、首都ラゴスに向けて西進を開始します。ビアフラ軍はラゴスから西に220キロの村オレにまで達しました。

その時連邦の首都・ラゴスのゴウォン政権はビアフラ軍の西進を知り大慌てでラゴスに至る橋をいくつか破壊して時間を稼ぐと同時に、西部州に影響力を持つオバフェミ・アウォロウォを抱き込み、西部州を反ビアフラにすることに成功します。

▽オバフェミ・アウォロウォ

f:id:titioya:20190222005901j:plain

さらには、連邦側からビアフラ側に寝返っていたビクター・バンジョ准将が、実は連邦政府とそれを支援するイギリスのスパイで、オジュクゥ中佐暗殺を企んでいたことが発覚。

▽ビクター・バンジョ准将

f:id:titioya:20190222010535j:plain

バンジョ准将の企みは事前に露呈しすぐに捕まって処刑されますが、オジュクゥ中佐はバンジョを信頼していただけにショックは大きく、軍人同士相互不信に陥って士気が低下することになりました。

 

2. ビアフラ包囲網の完成

f:id:titioya:20190223140610j:plain

首都エヌグ、西部の町オニチャの陥落

ビアフラ側のゴタゴタがありつつ、連邦政府は徐々に体制を整えて反撃を開始。1967年9月20日、中西部のベニンが陥落します。

次いでナイジャー川の町オニチャ橋を巡って両軍の激しい戦闘が繰り広げられます。10週間に及ぶ大激戦の末、1968年3月に主要都市オニチャが陥落しました。

北部では1967年10月4日に連邦軍第1歩兵師団により首都エヌグが制圧されました。ビアフラ共和国は首都を中部の町ウムアヒアに移動させ急場をしのぎます。

一方で新たに東部でも1967年9月末から隣国カメルーンの国境地帯から連邦軍がイコムの町に進行し、東部国境地帯が制圧されます。

いたるところから連邦軍が侵攻し、ビアフラ側は早くも絶体絶命に追い詰められました。特にオニチャの陥落は打撃が大きく、ビアフラ側は多数の兵士を失ったことに加え、主要都市の一つを失ったのでした。

 

南部攻防戦

1968年3月末、イギリス軍の支援を受けた連邦軍が空港のあるポート・ハーコートの制圧を目指し南部のデルタ地帯の侵攻を開始。ウヨからオポボに至るデルタ地域一帯を制圧した後、チャド人の傭兵隊を尖兵隊とした連邦軍がポート・ハーコートに向かって進撃を開始。対するビアフラ側も必死に応戦しますが、有力な武器を持つ連邦側が有利でとうとう5月末にポート・ハーコートの東部地区が占領されました。

次いで7月、連邦軍第3歩兵師団はオウェリに向かって進撃しますが、ここはビアフラ側のドイツ人傭兵シュタイナー大佐と南アフリカ人傭兵ウィリアムズ少佐の指揮で防衛に成功。一方アバではウィリアムズ少佐指揮下のシュタイナー軍団による必死の抵抗もむなしく、アバは9月4日にとうとう陥落しました。

 ▽傭兵ロルフ・シュタイナー大佐

▽傭兵タフィ・ウィリアムズ少佐

f:id:titioya:20190223101323j:plain

f:id:titioya:20190223101515j:plain

9月12日、オニチャ南方の町オグダが陥落。9月16日オウェリが陥落。10月1日オキグウィが陥落。

f:id:titioya:20190223190327j:plain

北部の大半と石油地帯の大部分が占領されビアフラ共和国の領土は独立時に比べ1/4にまで縮小してしまいます。住民は難民となって周辺に逃れ、生産活動が停止し極度の物資不足に陥っていきます。

PR

 

 

3. 物資不足・経済の破綻

ビアフラ独立時点で5,000バレルあった石油生産量は、南部ポート・ハーコートの陥落によりほぼゼロになってしまいます。頼みの綱の外貨獲得手段が消えるのも痛かったのですが、車両や航空機を動かす燃料がなくなったのも痛手でした。

さらにビアフラにとって深刻だったのが食糧不足。農業地帯であるビアフラではかつて主食であるキャッサバやヤムイモなどの生産が盛んで自給自足できたのですが、戦争が始まり農民が逃散したことに加え農業地帯が連邦軍に占領され、食料の生産ができなくなってしまいました。また国境封鎖や海上封鎖によって外国からの食料の調達も難しくなり、戦前から輸入に頼っていた肉や魚の供給はほぼ滞ったのです。さらに、逃散した住民が難民化し食料の供給を受ける側に回ったため、さらに食糧不足が深刻化。

内戦の期間中、食糧不足により150万人が飢餓で死んだと言われています。

 

4. ビアフラ軍の反撃・戦線の膠着

 

戦線の膠着

1969年からビアフラ軍は拠点都市オウェリ奪還作戦を開始します。

オジュクゥ中佐はオヌアトゥエグ大佐指揮下の歩兵師団から2個師団を引き抜き、オウェリ攻略軍のカル中佐の支援に回し正面攻撃を敢行。連邦軍も頑強に抵抗しますが、連邦軍のウトゥク中佐は物資不足により本部からの命令を無視して撤退してしまいます。

ビアフラ軍はオウェリを奪還しますが、その代わり不意を突かれて首都ウムアヒアが連邦軍に攻略されます。ウヒアヒア防衛戦を指揮していたのはオジュクゥ将軍(中佐から昇進)で、最後まで抵抗しますが抗しきれずにオウェリに脱出。オジュクゥ将軍は新首都をオウェリに移しました。

南部戦線では、ビアフラ軍は油田地帯を取り戻すべく攻勢に打って出、ナイジャー川西方とイモ川地帯の油田の60%を奪還しました。

このビアフラ軍の攻勢は、苦境に陥るビアフラを見て国際社会からの武器の支援や軍人の助太刀があったからでありました。

 

白人傭兵の活躍

この時にビアフラにやってきてビアフラ空軍を率い活躍したのが、スウェーデン人パイロットのカール・グスタフ・フォン・ローゼン伯爵。

f:id:titioya:20190223113425j:plain

ローゼン伯爵は十字軍騎士を先祖に持つ由緒正しい貴族の生まれ。本国で広大な敷地を持つ古城に暮らしていましたが、ビアフラ戦争勃発後、連邦軍の爆撃で多くのキリスト教徒のビアフラ市民が犠牲になっているニュースを聞きいてもたってもいられず、エチオピア皇帝ハイレ・セラシエの親書を携えてビアフラにやってきました。

ローゼン伯爵はスウェーデン製の軽飛行機5機を権謀術数を駆使し「タンザニア空軍のパイロット養成のため」という名目でまんまと輸入することに成功。「ミニコン隊」と名付け公式のビアフラ空軍となりました。

ローゼン伯爵ミニコン隊は1969年5月から戦闘に参加し、ポート・ハーコートを始めとした連邦軍の空港の空爆を実施し、連邦軍の爆撃機・戦闘機・輸送機の多数を破壊することに成功します。さらにミニコン隊は連邦側の石油施設の破壊にも着手し、終戦まで連邦軍を苦しめることになります。

ローゼン伯爵のように「キリスト教の同胞を支援する」という理由からビアフラに肩入れした人物も多くいましたが、ビアフラで戦った白人傭兵の大部分は高給に惹かれて参加した者でした。

先述のシュタイナー大佐は元ヒトラー青年団で第二次世界大戦に従軍した後に、傭兵としてインドシナやアルジェリアで戦った男で、ウィリアムズ少佐はコンゴ内乱時にカタンガの反乱勢力の首領チョンベのボディーガードを務めていた男でした。

この二人が率いた「シュタイナー軍団」も、ポーランド、アイルランド、フランス、ローデシア、イスラエル、ベルギーなどから歴戦の軍人が高給に惹かれて参加し、ビアフラ軍きっての戦闘力を有する部隊として活躍しました。

 

国際社会のビアフラ支援

ビアフラ共和国の独立を認める国は少なく、タンザニア、ガボン、ハイチ、コートジボワール、ザンビアのみで、国際社会の大部分はナイジェリア政府を支持していました。

イギリスは政治上は中立を採りましたが連邦に多くの武器を輸出しており、ソ連は公然とナイジェリア軍を支援しました。それに対抗する形でビアフラを支援したのがフランス。当時の大統領ド=ゴールはビアフラに同情し、「フランスはできる限りビアフラを支援する」と公式発表しました。フランスからビアフラに大量の武器弾薬が輸出され、ヨーロッパ出身の傭兵もフランス経由でビアフラに渡りました。

このような主にヨーロッパ諸国からの反応により、ビアフラは財政破綻しているにも関わらず戦闘力を維持し奇襲攻撃を続けました。もしこれらの支援がなかったら、戦争はもっと早く終わっていたことでしょう。

 

5. 陥落・ビアフラ共和国の崩壊

 1969年4月〜10月は雨季で戦線は膠着していましたが、雨季の終わりから連邦軍は総攻撃を再開しました。

連邦軍ビッサラ大佐の第一歩兵師団がオキグウィから、ビアフラ空軍の拠点でもあり最重要地点のウリ空港を目指して進軍を開始。

一方南でも、オバサンジョ大佐の第三歩兵師団がポート・ハーコートから首都オウェリに向けて進軍します。

f:id:titioya:20190223190842j:plain

オウェリに向かう幹線では連邦軍とビアフラ軍の激しい戦いが繰り広げられます。そんな中、1969年12月にウムアヒアから出発した第一歩兵師団とポート・ハーコートから出発した第三歩兵師団が連携しビアフラを東西に分断。食料地帯である東部を陥れることに成功し、ビアフラはほぼ息の根を止められました。

1970年1月にオジュクゥ将軍は閣議を開き、軍首脳部はオジュクゥ将軍の国外脱出を進言。1970年1月10日にオジュクゥ将軍は無念の言葉を残してウリ空港からコートジボワールに脱出しました。その2日後にウリ空港が陥落し、臨時国家元首のエフィオング少将がラジオで降伏を宣言しました。

こうして約2年半にも及ぶビアフラ戦争は終結しました。
 

 ビアフラ戦争略歴

1967年7月:連邦軍、南・北両戦線で攻勢をかける

1967年8月:ビアフラ軍、逆に中西部州に侵攻し首都に迫るも押し返される

1967年9月:西部の要衝オニチャが陥落。北部も攻められ首都エヌグが陥落。ビアフラ共和国の臨時首都はウヒアヒアに移動

1968年4月:南部の要衝ポート・ハーコートが陥落

1968年8月:南部の町アバが陥落

1968年9月:西部の町オトウチャ、オウェリが陥落

1969年1月:ビアフラ軍オウェリを奪還するも、臨時首都ウヒアヒア陥落。ビアフラ共和国の臨時首都はオウェリに移動

1969年5月:ビアフラ空軍、ポート・ハーコート空爆

1969年10月:連邦軍、首都オウェリに向けて進軍

1969年12月:南北の連邦軍がつながり、ビアフラ共和国の国土は東西に分断

1970年1月:オジュクゥ、コートジボワールに亡命、ビアフラ共和国降伏を宣言

PR

 

 

まとめ

ビアフラ戦争の犠牲者は正確には分かっていませんが、約200万人が死亡したと予想されています。そのうち、戦闘での戦死者が約20万人、空爆などでの民間人の死者が約2万人で、それ以外の大半は餓死者だそうです。

民族同士の対立や、豊かな東部州の税収が他の州を養うのに使われているなど住民の不満はあったにせよ、こうなった責任の大半は軍人たちのつまらない意地の張り合いと、国際社会の「善意」によるところが大きいと思います。

現在のナイジェリアはアフリカ随一の経済大国ではありますが、このビアフラ内戦によってどれだけの人的資源が失われたことでしょうか。

この悲劇がまたこの豊かな大地に繰り返されないことを祈るばかりです。

 

参考文献

ビアフラ戦争―叢林に消えた共和国 山川出版社 室井義雄

ビアフラ戦争―叢林に消えた共和国 (ヒストリア)

ビアフラ戦争―叢林に消えた共和国 (ヒストリア)