歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

インドネシア映画産業の歴史

f:id:titioya:20131210075508j:plain

成長著しいインドネシア映画産業のこれまでの歩み

 今や韓国映画は普通だし、インド映画もすっかりメジャーになりました。インドと一口に言っても地域によっていろいろありますが。

他にもトルコやナイジェリアなど日本人があまり知らない映画大国はたくさんあるのですが、成長著しく今後伸びる可能性が高い国がインドネシアです。インドネシアでは日本軍による占領以降に映画産業が活発になりますが、時の権力者の都合により弾圧されたり保護されたりしてきました。険しい道を乗り越えた上で今の躍進があります。

今回は駆け足で、インドネシアの映画産業の歴史を見て行きたいと思います。インドネシアと言っても主にジャワ島中心の記述になりますので、ご注意おきください。

続きを読む

下層民が救済を求める「千年王国運動」の事例

f:id:titioya:20191103211215j:plain

ヨーロッパ、南米、南アジアの千年王国運動

 前回の記事では、千年王国運動の起源と世界中への伝播について説明しました。

まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。

今回はいつどのような背景で、どんな運動が起こったかを具体的に説明していきます。

なお、以下に挙げるのはかつて発生した千年王国運動のごくごく一部であることをご承知おきください。

続きを読む

「千年王国思想」の始まりと世界への伝播

f:id:titioya:20191103134058j:plain

正義の世の実現を期待する宗教的世直し運動 

千年王国運動とは、主に大衆を中心に、神や天が奇跡を起こし、この世に正義を実現することを求める宗教的世直し運動です。洋の東西、古代から現代まで問わず、世界各地で見られます。

今回は前編後編で、その起源や特徴、そして千年王国運動的特徴を持つ事例を見ていきたいと思います。

続きを読む

大量の死者を出した世界史の爆発事件TOP10

f:id:titioya:20050330192129j:plain

千人万人単位の死者を出した記録的な爆発事件・事故

工場や船舶・航空機が大爆発を起こして炎上、犠牲者十数名といったニュースは、国内・海外問わず目にするニュースです。

火薬を入手して以降の人類の歴史は爆発事故の歴史でもあります。当然、戦争中の大爆発が多いのですが、火薬を保管する倉庫や、薬品を取り扱う工場、輸送中の列車が爆発するといった事件・事故も数多く起こりました。

今回は千人・万人単位の死者を出した世界史の爆発事件・事故をまとめていきます。

なお、広島・長崎の原爆については、カウント外としました。

続きを読む

【西洋史】籠城戦で敵を苦しめた「素人女性」列伝

f:id:titioya:20191019233547j:plain

 男以上の勇敢さと苛烈さで祖国を守った素人女性たち

 世界史では、戦場で活躍した男勝りの女性エピソードには事欠きません。

 歴ログでも何回かそのような女性の軍事指導者のエピソードは紹介しているのですが、今回は「籠城戦で活躍した女性」というのを紹介します。

大部分が軍人でなく一般人で、祖国の危機に立ち上がり、勇敢な活躍をした女性たちです。

続きを読む

ロシアのシベリア征服の歴史

f:id:titioya:20191007222008j:plain

ウラル山脈を越えてわずか60年でオホーツク海に達したロシア

ロシアは御存知の通り世界最大の領土をを持つ国ですが、その大半は広大なシベリアの大地です。シベリアとは具体的には、ウラル山脈以東のことを言います。

こんなところ本当に人が住んでるのかと思うような、森林や荒野、永久凍土。人間が住むには厳しい土地が続きます。しかしこんな大地をロシア人は先住民を征服しながら、わずか60年という短い期間で征服してしまいました。

 派手ではありませんし、その過程は現代の価値観からすると褒められたもんじゃありませんが、この広大な土地をわずかな期間で征服したのは、歴史上の「偉業」と言えなくはないでしょうか。今回はロシアのシベリア征服の歴史です。

続きを読む

寿司の歴史 in アメリカ

f:id:titioya:20190919193652j:plain

アメリカで寿司はどのように受容されていったか

海外旅行に行くと、大都市はおろか小都市でも簡単に寿司レストランが見つかります。好奇心で行ったことある方もいらっしゃるかもしれません。味は、まあ、ピンキリでしょう。

 アメリカでも小さなほうの町のスーパーでも寿司が売っていて、その浸透ぶりが伺えます。しかし必ずしも日本の伝統方式とは限らず、カリフォルニアロールだったりキャタピラーロールだったり、独自のローカライズがなされていて、「江戸前鮨至上主義」の人は怒り出すかもしれません。今回はアメリカでいかに寿司が紹介され、受容されたかをまとめていきます。 

続きを読む