読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

Men's Adventure Magazineのレトロなイラストの世界(後篇)

f:id:titioya:20150517185316j:plain

刺激的なアメリカ50-60年代のイラストを愛でよう

アメリカの50-60年代にポピュラーだった "Men's Adventure Magazine"のイラストを紹介する本記事。

前篇では各イラストに共通する因子を分解し、どのような人物や状況が描かれているかを分析しました。

後篇の今回は Taschen社が発刊した"Men's Adventure Magazine in America Poster"の中で、個人的に傑作だと思ったものをピックアップして紹介したいと思います。

前篇はこちらからご覧ください。

reki.hatenablog.com

 

 1. イラスト・レイアウトが秀逸

これはイラストとは思えないほど描写がリアル。まるで写真のよう。

日本兵が頭がイカれてるヤツみたいな描き方されているので我々からすれば違和感を感じますが、当時のアメリカ人からすれば相当リアリティがあったでしょうね。

f:id:titioya:20150517222040j:plain

 

状況はイマイチ理解できませんが、イラストが相当カッコいい。

このような女性兵士もたびたび登場するモチーフです。

f:id:titioya:20150517221729j:plain

 

タバコの広告みたい。

イラストとしてシンプルにイケてる。

f:id:titioya:20150517221927j:plain

 

ハゲワシに襲われる美女。後ろに縛られた白人男性。

どういうシチュエーションなのか謎ですが、レイアウトは極めて巧みですし、緊迫して顔が紅潮した女性の表情に妙なリアリティがあります。

f:id:titioya:20150517110405j:plain

 

ぱっと見てシチュエーションが理解できる素晴らしい構成ですね。

追われている男は、恋人(?)に対する不正義に憤り女性とともに逃亡。

もし捕まったら、文字通りの「お縄」になるのでしょう。

f:id:titioya:20150517110827j:plain

 

黒人やインディアンは悪党のように描かれることが多いのですが、

未開部族の男らしさにロマンがあるのでしょうか、以下のように猛獣と戦う黒人やインディアンの戦士が描かれることもありました。

絶対絶命シーンなんですが、安心していいというか、たぶん横にいる男の助力も得つつ、手前のガチムチ黒人がライオンを倒すんだろうなっていう未来予想ができます。

f:id:titioya:20150517111205j:plain

 

なんでしょう、どういうシチュエーションだろうこれ。

起き上がっている男は十字架のような格好をしており、キリストの受難に見立てられているのでしょうが、

なぜか光の中から半裸の女が現れ、手には酒を持ってる。

後ろを見たらサメがウヨウヨいるし、助かったか助からなかったのかもよく分からん。

謎に満ちているので個人的にすごく好きです。

f:id:titioya:20150517221959j:plain

 

2. 悪いセクシー美女

登場する悪党には「悪いセクシー美女」も多数登場します。

例えばこれ。

ビキニ海賊団(?)が男たちを襲って縛り上げて宝石を奪い、挙げ句拷問までやっちゃってる。

なんだこりゃ。不快なんだけど少し羨ましいという、不思議な感覚に陥ります。

女たちのビキニの色が全部違うと言う細かい設定も楽しい。

f:id:titioya:20150517110524j:plain

 

女性戦士・アマゾネスもたびたび登場するモチーフです。

殺される一瞬前なのに、なんだろうこの「羨ましい」という感覚は。

f:id:titioya:20150517111044j:plain

 

最たるイラストがこれ。

もはや、ポ◯ノビデオです。

f:id:titioya:20150517185316j:plain

 

3. 意味不明な拷問・人体実験

ナチスや日本による拷問や人体実験のイラストもたくさんあり、どれも突っ込みどころ満載。ただ

「よく分かんねえけど、何かヒデえなあ」

と思わせるパワーがあります。

例えばこれ。

ジャガーの頭についたハーケンクロイツが笑える。

畜生ながら身も心もナチスに心酔しているのでしょう。

f:id:titioya:20150517112126j:plain

 

美女の氷漬け。

なんじゃこりゃ。後ろに完成品がありますが、氷の中の美女がポーズをきめてるのがまた可笑しい。

f:id:titioya:20150517112247j:plain

 

「セクシー美女 × 悪党 × 拷問 × 猛獣」とだいたいの因子が揃ったイラストがこれ。

ひどいのは分かるけど、シチュエーションが謎過ぎておもしろい。

f:id:titioya:20150517111822j:plain

 

何かの液体を顔にたらすと、顔が溶けて頭蓋骨になってしまっている!

なかなかエグいです。

f:id:titioya:20150517112112j:plain

 

個人的に1番好きなやつ

欲望の極地なイラストがこれ。

f:id:titioya:20150517111754j:plain

勝利!

英雄!

美女にモテモテ!

この世の全てがここにある!

って感じです。

また横のテキストがいい味を出してます。

"WHERE THE AMERICAN ARMY LEARNED ABOUT ***!"

これ以上ぼくは何も言えません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レトロでバカバカしい、アメリカらしい大味なイラストですが、

いくつも見ていくとなかなか味わい深いものがあると思います。 

どこかしらアメコミやハリウッド映画に通じる文脈もあり、アメリカ大衆文化を知る上でも結構貴重な資料なんじゃないかとも思います。

もっとじっくり手に取って見たい方は、Taschen社の "Men's Adventure Magazine in America Poster"を入手してはいかがでしょうか。

 

画像転載元

Men's Adventure Magazines in Postwar America (Midi Series)

Men's Adventure Magazines in Postwar America (Midi Series)

 

 

PR
電子書籍を読むなら、Paper WhiteよりFireがオススメです(絶対!)