読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

【移民】白人社会に大量の中国人がやってきた結果

アメリカ 中国 オセアニア

f:id:titioya:20150417014808j:plain

押し寄せる中国人移民に最適な対策とは 

アメリカやオーストラリアは、もともとイギリス系移民を中心とした人々がその中核を成す国です。

特にアメリカは、ピューリタニズムを根幹としながらもプラグマティズムでうまいこと骨抜きにした理想主義を掲げ、白人のための活気ある平等社会を構築していました。

そこに19世紀半ばごろから、一攫千金を夢見て大量の中国人移民がやってきました。 

なんだこいつらは。

戸惑う白人たち。

ところが、 アメリカとオーストラリアの中国人移民対策はそれぞれ異なり、しかも全く異なる結果を出すことになりました。

1. なぜ中国人移民が大量流入したか

f:id:titioya:20150427210630j:plain

安価な労働力としての中国人

イギリスは1834年に奴隷制を廃止しましたが、プランテーション農園など大量のマンパワーを必要とする産業に経済依存しており、奴隷に代わる安価な労働力を求めていました。

注目されたのが、アヘン戦争に敗れた清国の中国人クーリー。

イギリスを中心とする欧米列強は、中国人クーリーを特に中国南部で大量にリクルートし、西インド諸島を中心とした大規模プランテーションに送りこみました。

中国人クーリーは植民地プランテーションの社会的底辺に置かれ、安い賃金でキツい汚い仕事に従事しました。

ゴールドラッシュで一攫千金だ!

ところが、ゴールドラッシュが起こると中国人たちは他のヨーロッパ人移民と同じように、一攫千金を目指して新世界へ雪崩れ込むようになります。

そこには厳格な階層秩序は存在せず、彼らの労働力をコントロールするプランターも、生活や移動の自由を規制する法律もありませんでした。

色々なものが未整備なローカル社会に、いわばシステムのスキを付いて飛び込んだ形でした。

 

2. アメリカ・カリフォルニアのケース

f:id:titioya:20150427210654j:plain

広東省台山を中心とする移民

アメリカ・カリフォルニアに渡った移民のうち半分以上は、広東省の台山というところの出身。

文化や言語を同じくした人々が、1851年から勢い良くカリフォルニアに流入しました。10年後の1861年には、約35,000人の中国人が居住していたと推察されており、これはカリフォルニアの人口の7〜9%にもなりました。

これほど急速に文化が異なる人々が、ほぼヨーロッパ系しか受容してこなかった社会に大量に流れこむと、コンフリクトが起こらないわけがありません。 

初期の反中国人暴動

本格流入の翌年の1852年には、早くも大規模な反中国人暴動が発生しています。

サンフランシスコの「アルタ・カリフォルニア」紙はこの状況を「中国人に対する戦争」であるとし、以下のように書きました。

民衆の集会が北でも南でも開かれ、通信委員会が任命されている。通常の場合、これに続いて中国人を金鉱地帯から完全に追い払う手段がとられる。

人種差別的枠組みの策定

この暴動の結果、中国人鉱夫は白人鉱夫と対等な立場で競争することを否定され、

  • 白人の棄てた鉱山で働く
  • 白人が経営する鉱山で、白人の下で働く

いずれかの選択をしなければならなくなりました。

加えて、政治的・社会的にも二級市民の立場を割り当てられることになります。具体的に言うと、

  • アメリカ市民権付与禁止
  • 白人との結婚の禁止
  • 法廷で証言をする権利の付与禁止

仮に白人によって鉱区を奪われても取り返される可能性は皆無だったし、白人によって中国人が殺されても、白人が罰せられる可能性も皆無でした。

カリフォルニア政府は中国人を法の保護外に置くくせに、しっかりと税金は徴収。金鉱夫1人あたり1ヶ月3ドルの税、加えて6ドルの人頭税まで課しました(1855年)。

税徴収官は「1時間以内に税金を払わない中国人の財産を差し押さえる」権利を保有しており、彼らはこの権利を濫用して己の懐を肥やし、州の税収アップにも貢献。

人口10%未満の中国人が支払う税金は、州の歳入の25%にも達しました。

人種差別の枠組みにより人種問題は安定

一連の中国人に対する差別的な枠組みが成立してから、人種問題は安定。

反中国人の暴動は減少し、大きな人種間の摩擦は起こらず、中国人移民はカリフォルニアに徐々に流入するようになります。

1862年のカリフォルニア州議会の両院合同委員会による報告。

中国人は我々のために働いている。中国人は多額の税金を払うことで、また海運や農業や工業生産などに貢献することで、しかも競争者となることは全くなく、我々の州の発展に役だっている。彼らには他の外国人と同等の権利はない。彼らは投票権を持たず、法廷で証言することは許されない。法の制定に影響を及ぼすこともなく、社会生活において我々と交際することもできない。このように軽蔑され、活動を制限された人種を恐れる必要は全くないのである。

白人が恐怖と憎悪を抱く「異種」を、自らの社会の外に置き搾取だけ行うことで成り立っていた「偽りの安定」ですが、ともかく社会的には安定したわけです。

 

 3. オーストラリアのケース

f:id:titioya:20150427210715j:plain

不安定な状態が続いた挙句、排斥運動へ

オーストラリアへの中国人移民は1854年に始まります。

初期の頃はカリフォルニアと同じく、白人と中国人の人種間の対立が高まり暴動に発展しますが、違ったのは暴動が50年代に渡ってずっと続いて社会的安定が成し遂げられず、最終的に「中国人移民の排斥」という形で安定を取り戻す結果となったことです。

人種差別の枠組みを作らなかったオーストラリア

オーストラリアではカリフォルニアと違って金鉱脈が豊かで、大量の中国人がやって来ても労働力を割り振れるほどの資源がありました。

そのため中国人鉱夫は白人鉱夫からの経済的自立性が高く、白人の下で働いている中国人はわずかでした。

またカリフォルニアと違って政治的社会的にも自由度が高く、

  • オーストラリアに帰化することが可能
  • 白人との結婚も可能
  • 法廷に立つことも可能

というカリフォルニアと全く正反対の政策を採りました。

失敗した中国人保護区

とはいえ、当時の白人による中国人差別は一般的で、経済的な競合は比較的少ないまでも、白人と中国人による近隣トラブルや文化的摩擦はたびたび発生し、暴力的な事件に発生することも多くありました。

そのためヴィクトリア植民地政府は中国人を下級官史として採用し、彼らが監視する「中国人保護区」を設定して中国人をそこに住まわせて居住税を徴収し、白人との摩擦をなるべく避けようとしました

ところが、これらの保護区からは簡単に逃げ出すことができた上、逃げ出した者を罰する法律もなかったし、現場の官史にそのような強権的な権限もありませんでした。

当然、税金の回収もはかどらずに保護区は失敗に終わります。

中国人の抵抗運動

そこでヴィクトリア政府は1859年、すべての中国人に年4ポンドの居住税の徴収と、拒否する者への厳しい罰則を定めた法案を採用。

自由な経済と生活の旨味をすでに知っていた中国人はこれに反対し、デモ・ストライキ・白人との取引停止・警官との衝突と、あらゆる手段で新課税法に反対。逮捕された中国人は5,000名にもなりました。 

その後も中国人は徴税を拒否して抵抗を続け、1861年の徴税率は20%という、とてつもなく低い数字でした。

中国人移民排除へ

1861年、ニューサウスウェールズ州で移民制限法が成立し、各州で徐々に始まっていた中国人移民排斥法が全州に完成

これによって中国人移民は徐々に減っていき、それに従って治安や社会も安定を取り戻していきました。

オーストラリア人はこれら少数の中国人を自分たちと平等に扱い、安定した社会を築いていきました。

 

4. 何が原因だったのか

両国とも白人による中国人差別は普遍的にあったことは共通で、

その中でカリフォルニアは差別的な仕組みを作ることで社会が安定しより多くの中国人移民を受け入れることに成功しましたが、

オーストラリアは平等な仕組みを作ることで却って既存社会とのコンフリクトを加速させ、結果的に移民排除に陥ってしまいました。

このような結果になった原因は何だったのでしょうか。

アメリカ:既に"二級市民"の枠組みが存在したため

アメリカでは中国人の流入以前に、インディアンや黒人などの非白人が「二級市民」として存在し、中国人に後に与えたような差別的な枠組みが与えられていました。 

そのため、新たにやってきた中国人たちも既存の「二級市民」の枠組みの中に組み入れてしまえば、話は早かったわけです。

オーストラリア:"脱階層社会"志向があったため

オーストラリアは19世紀前半から、自由人と囚人から成る支配者と非支配者の階層社会で成り立っており、 1850年代に起こった反対運動によってようやく平等な社会が成し遂げられた直後のことでした。

そのため、中国人という新しい非支配者を作ることに対して社会的に抵抗感がありました。ようやく前進した社会の後退を意味したからです。

 

5. その後どうなったか

差別的制度で表面上は安定した社会を達成したカリフォルニアと、中国人排除により安定を取り戻したオーストラリアですが、その後どうなったか。

カリフォルニア:差別枠組み撤廃で対立が激化 

1868年のバーリンゲーム条約の制定で、中国人移民に一般と同じ権利を与えることになります。当然、移民は中国人移民は急増。

折しも大陸横断鉄道の完成による西部への労働者の流入と不況が重なり、失業率が急上。低賃金労働の職を巡って中国人と白人が争うようになり、また経営に乗り出す中国人が増加したことで経営面でも競合関係に入ります。

また、南北戦争の後の奴隷解放・黒人への公民権付与で、カリフォルニアの中国人差別も問題視されるようになり、最高裁は差別的課税と法の撤廃を命令。

中国人は白人と平等に近づきましたが、人種差別は根強く残ったままでの平等化は白人の不満を招くことに。

1867年にサンフランシスコ、1871年にロサンゼルスで大規模な中国人襲撃事件が発生。

また多くの反中国人秘密結社が結成され、中国人へのリンチや脅迫を通じて社会からの中国人の締め出しを目指すようになります。

上層階級は中国人排除を目指し、違法な人種差別法案を地方自治体単位で、しかも分かりにくいように細切れにして可決・実行させました。

1880年代に緊張はピークに達し、例えば1885年にタコマでは700名の中国人が町から完全に排除され、その後中国人街が焼き払われるという事件が発生するなど、人的経済的に多大な被害を出しました。

これらの緊張は、1882年の中国人移民制限法と、1890年代のジム・クロウ法(公共施設における白人と有色人種との分離を定めた法律)に代表される差別法の再制定によって、再び安定をもたらすことになります。

オーストラリア:一時的に移民を緩和するも再び閉ざす

1870年代に移民制限法が緩和され、再び中国人移民が増加すると反中国人運動が再び活発に。

すでにカリフォルニアでの白人と中国人の対立を目の当たりにした人々は、「カリフォルニアの過ちを繰り返すな」として新聞などのメディアを通じて広く訴え、また一般層もそれを支持。結局、オーストラリア政府は1887年により厳しい移民制限法を可決し、反中国人運動は沈下したのでした。

 

 

まとめ

今や「人種のサラダボウル」と称して多文化主義を標榜する両国ですが、歴史を見てみるとめちゃくちゃブラックなことをやってます。

おおよそ均一化された文化・人種の社会に、突然大量の異邦人が押し寄せてきたら。

まさに現代日本とダブるのですが、結構日本政府も外国人に対して似たような差別的な枠組みを適応させて、"一級市民"の反感を買わないようにしているように思えます。

目下外国人への生活保護支給問題でさえ非難轟々なわけだから、今後さらに大量の移民が日本社会に流入してきたときに、我々はコンフリクトを起こさないという保証がどこにあるでしょうか。

 

参考文献:世界史への問い9 世界の構造化 岩波書店

世界の構造化 (シリーズ 世界史への問い 9)

世界の構造化 (シリーズ 世界史への問い 9)

 
PR
電子書籍を読むなら、Paper WhiteよりFireがオススメです(絶対!)