歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

【画像】世界史の教科書のイケメンを集めてみた【14人】

 

http://world-historia.com/img/history/ikemen18.jpg

最高のメンズアイドル誌は世界史の教科書である!

世は今や大アイドル時代。

日本のみならず世界中のイケメンアイドルたちが、女の子たちをキャーキャーと言わせています。特に韓流アイドルはすごいですね。

だがちょっと待て。

 「イケメン」というのは、外っ面のみで判断されていいものなのか!?

高校出たてでシワ一つないツルツルの、生きる辛さも全く知らない脳みそスッカスカの青二才が本当にイケメンだと言うのか?

冗談じゃない!

本当の「イケメン」とは、時代の荒波にもまれ、時に命の危険を冒しながらも、自らの信念に基づいて、精一杯命を燃やした男たちのことを言うのではないのか!?

 

要するにですね、最高のグラビア雑誌は世界史の教科書なのです。 

そこで、ぼくが独断と偏見で世界史の教科書のイケメンを集めてみた!!

世のスイーツ脳どもは心して見るように!

今回使用する教科書

今回使用するグラビア…もとい教科書は、第一学習社の「グローバルワイド 最新世界史図表」の2001年改訂9版。ぼくが高校生の時に使っていたものです。

f:id:titioya:20140916175609j:plain

↑ 使い倒してもうボロボロ

1.  ペリクレス(古代ギリシア)

古代ギリシアのポリス・アテナイの最盛期を築いた政治家。

「ギリシア彫刻のよう」という褒め言葉がありますが、その通りのイケメンですね。

ちんこみたいな帽子かぶってますけど、充分かっこいい。

f:id:titioya:20140916175610j:plain

2. ハンニバル(カルタゴ)

ポエニ戦争でローマをあと一歩のところまで追いつめた、カルタゴの名将。

いかにも軍人らしい険しい顔ですが、渋いかっこよさがありますね。

笑ったら愛嬌が出て、そのギャップに萌えると思います。

f:id:titioya:20140916175611j:plain

3. アウグストゥス(ローマ帝国)

ローマ初代皇帝。カエサルの後を継いでローマ国家の大改革を成し遂げた男です。

少年のようだけど、どこか影を背負っていて、あまり本音を言わないような印象ですね。

たまに優しくされたらキュンとしそうな感じ。

f:id:titioya:20140916175623j:plain

4. 杜甫(唐王朝)

写真右。中国文学史上最高の詩人「詩聖」と称される。

中年以降の絵だが、目鼻立ちが整っており、若い頃はイケメンだったんじゃないでしょうか。左の李白と比べたら、杜甫のかっこよさが引き立ちますね。

f:id:titioya:20140916175612j:plain

5. 王安石(北宋王朝)

政治家であり詩人。政治改革を行ったが保守派に破れた。

知性を感じさせる顔立ちで、歌舞伎役者さんみたいな渋さと深みがありますね。

きっと隈取りが似合う。

f:id:titioya:20140916175613j:plain

6. ユスティニアヌス帝(ビザンツ帝国)

ビザンツ帝国の最盛期を築き上げた皇帝。

濃い眉毛とぱっちりした目で、オリエントっぽいエキゾチックな顔立ち

イケメンだけど、ゲイっぽいと言えなくもないことは否定できなくもない。

f:id:titioya:20140916175616j:plain

7. 鄭成功

清王朝に抵抗して台湾を拠点に明王朝復興運動を展開した人物。

韓流アイドルにいそうな、かわいい顔立ちですね。

ニコリと笑っているのがまた、人の良さを現しているように思えます。

f:id:titioya:20140916175615j:plain

8. フランソワ一世(フランス)

イタリアよりレオナルド・ダ・ヴィンチを招き、フランスにルネサンス文化を伝えた。

自分のことカッコいいと自覚してそうだし、あんまり性格はよくなさそうですが、絶対オシャレだし、趣味がいちいち良さそう。あと、きっといい匂いがする。

f:id:titioya:20140916175617j:plain

9. コシューシコ

ポーランド独立の闘士。

中性的な顔立ちで、ザ・イケメンですね。

宝塚の男役をやらせたらトップに行けると思います。

f:id:titioya:20140916175618j:plain

10. ナポレオン3世(フランス)

フランスの帝国主義を押し進めた皇帝。

おでこ広いし、髪型ヘンだし、顔の形も悪いし、よく見たら別にイケメンじゃないんだけど、不思議とカッコ良く見える。

こういう人を雰囲気イケメンというのでしょうか。

f:id:titioya:20140916175619j:plain

11. 乾隆帝(清王朝)

10回の外征で清の版図を最大にした皇帝。

関ジャニあたりにいてもおかしくない現代風の男前じゃないでしょうか?

「パスタ食い行こう」とか言いそう。

f:id:titioya:20140916175614j:plain

12. ヴィルヘルム2世(ドイツ)

ドイツの帝国主義を押し進めた皇帝。

ハリウッド俳優のようなイケメンっぷり。ジェームス・ボンド役を是非やってほしかった。黄金銃の敵役・スカラマンガでもいい。

f:id:titioya:20140916175620j:plain

13. ケマル・アタチュルク(トルコ)

オスマントルコを排し、近代国家を作り上げたトルコ共和国初代大統領。

いかにも軍人らしい険しい顔立ちですが、きっと何を着ても似合うと思う。

LEONあたりの表紙をキメてほしいですね。

f:id:titioya:20140916175621j:plain

14. 蒋介石(中華民国)

国民党を率いて、日中戦争、国共内戦を戦った。

こういう人のことを「カッコいいハゲ」というのでしょう。髪が生えていた時より、ハゲた後のほうがきっとカッコいいに違いない。

世のハゲ男性たちに希望を与える存在ですね。

f:id:titioya:20140916175622j:plain

まとめ

さていかがでしたでしょうか?

そこらのイケメンと言われている人たちよりはるかに顔に深みがあって、そのことがイケメン度合いを増加させていることがお分かりになったと思います。

あなたの本命は誰ですか?

f:id:titioya:20140916175627j:plain

PR