読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

【動画】マリオは共産主義者だった!

http://world-historia.com/img/history/mario01.png

マリオは革命のために戦っていた!?

懐かしのゲームから最新のゲームまで、科学的かつ突飛な観点から解説しているYouTubeチャンネル"Game Theory"シリーズ

ぼくもこのチャンネルの大ファンなのですが、その中に聞き捨てならない動画がありました。なんと、マリオブラザーズのマリオは実は共産主義者で、マリオは革命の為に戦っていた!というのです。


Game Theory: Mario is COMMUNIST?!? - YouTube

 証拠1:マリオのメインカラー = 赤

http://world-historia.com/img/history/mario03.png

ご存知の通り、マリオのメインカラーは赤である。

しかし色学理論上、赤が使われているのは不自然である。

なぜなら、マリオのゲームの背景に使われている色は青なので、色学上キャラクターの色として使うべき色は、青の補色であるオレンジ色であるからだ。

ご存知の通り、赤は革命の色である。ここには何か意図的なものがあるようにしか思えない!

証拠2: マリオがかぶっている帽子 = スターリンの帽子と同じ!

http://world-historia.com/img/history/mario02.png

1940〜1950年のソビエトで強大な権力を持った独裁者・スターリン。

その帽子と、マリオがかぶっている帽子は酷似している!

証拠3:共産主義の権威と同じようなヒゲをはやしている!

http://world-historia.com/img/history/mario05.png

マルクス、レーニン、スターリンといった、共産主義者の権威と同じようなヒゲをマリオもはやしている!

証拠5:マリオのライバル・ワリオはアメリカ人の象徴である!

http://world-historia.com/img/history/mario06.png

マリオのライバルであるワリオといえば、

  • 太っている
  • 強欲でお金が大好き

これは資本主義者=アメリカ人のステレオタイプそのままである。

一方でマリオの職業は配管工であり、労働者階級、ブルーワーカー。ワリオとは真逆の立場である。

http://world-historia.com/img/history/mario08.png

証拠6:ステージをクリアすると、旗を引きずり下ろす!

http://world-historia.com/img/history/mario09.png

これまではこじつけと言えなくもないが、これは決定的でしょう。

マリオはステージクリアの度に、敵の旗を引きづり下ろしている。

そしてなんと、城のてっぺんに白地の赤星の旗をたてているのだ!!

これはもう弁解のしようがない。 

http://world-historia.com/img/history/mario10.png

証拠7:日本共産党が関与していた・・?

http://world-historia.com/img/history/mario12.png

マリオが開発された1970〜1980年代当時、日本共産党は日本政界において、得票率の約10%程度を占める力を持っていた。

つまり・・・・

http://world-historia.com/img/history/mario13.png

Nintendoの開発者の中に、共産党シンパの人間が1人や2人いて、意図的にゲームの中にイデオロギーを紛れ込ませたとして、不思議でないのでは・・・??

真実は如何に・・?

さていかがでしょうか。個人的には、当時の社会情勢に関わらず、「貧しくて力持ち」「強欲な金持ちにぎゃふんと言わせる」という普遍的な「正義のヒーロー像」を具現化したものにすぎないと思うのですが。

ただ、たしかに共産主義との類似性が多いのには、ちょっと考えてしまいますね。

やはり当時にはまだ、共産主義=正義のシステム という戦後イデオロギーが強かったのかもしれません。

PR
電子書籍を読むなら、Paper WhiteよりFireがオススメです(絶対!)