歴ログ -世界史専門ブログ-

おもしろい世界史のネタをまとめています。

コンゴの近現代史(1)- コンゴ自由国の悲劇

f:id:titioya:20170930105558p:plain

 近代以降悲劇の歴史が続く大国コンゴ

コンゴと聞いて何を思い浮かべますか?

ザイールという名称のほうがまだ馴染みがあるかもしれません。それでも内戦が続く危ない国、という程度の印象があるくらいでしょう。

コンゴという名称の付く国は二つあり、旧フランス領の「コンゴ共和国(コンゴ・ブラザヴィル)」と、旧ベルギー領の「コンゴ民主共和国(コンゴ・キンシャサ)」です。

今回追っていくのは後者のコンゴ民主共和国のほうですが、この国は2100年には人口が世界第5位になると予想されており(インド、中国、ナイジェリア、アメリカに次ぐ)、21世紀の大国としての経済発展が予想されます。

 未だに紛争の火種は途絶えませんが、コンゴはいくつもの悲劇を乗り越えて経済発展の軌道に乗ろうと苦闘しています。今回はそんなコンゴの歴史をまとめていきます。

1. バコンゴ族のコンゴ王国

f:id:titioya:20100112162918j:plain

ポルトガルと友好関係

 14世紀、バコンゴ族が現在のコンゴの西端からアンゴラの北西部に至る広大な領土からバンツー系の諸国を征服し、コンゴ王国を開きました。

コンゴの王は「マニ=コンゴ」と呼ばれ、王位は基本的には世襲制でしたが、王の子同士での継承争いによって決まっていたようです。有力者は地方の首長に任ぜられ、王に献上する貢祖や、通貨であったタカラ貝の徴収に責任を負いました。コンゴ王国はよく政治的にも組織化され、物資も豊かな文明国でありました。

 

コンゴ王国に最初に接近したヨーロッパの国はポルトガル。

ディオゴ=カンが1476年にコンゴ王への謁見を許され、以降ポルトガルとコンゴは経済的・文化的・宗教的な結びつきを強めていきました。

初期のころの関係は大変良く、様々な技術者がコンゴに渡って技術を伝授し、コンゴからは留学生がポルトガルで学習するなどし、コンゴ王ヌジンガ=ムベンバはキリスト教の洗礼を受け、ドン=アフォンソ1世と称するほどでした。

 

奴隷貿易の始まり

しかし、このドン=アフォンソ1世のころからポルトガル商人による奴隷貿易がスタートします。当初は試験的に始まりますが、それが大きな富を生むことが分かると、ポルトガル商人は奴隷貿易目的でコンゴに来訪するようになっていきます。ポルトガル商人はコンゴの商人に重火器を売り、商人は傭兵に地方の村落に攻め込ませて奴隷を確保し、ポルトガル商人に売り渡す。

奴隷狩りにより地方は荒れ混乱していき、事態を憂慮したドン=アフォンソ1世は、ポルトガル王ジョアン3世にたびたび奴隷貿易の中止を求めますが、そのたびに無視されてしまいます。失意の中でドン=アフォンソ1世は死去し、その後奴隷貿易はますます盛んになり、コンゴ王国は衰退の一途をたどることになります。

 

関連記事

reki.hatenablog.com

 

 

2. ベルギー王レオポルド2世の私領化

f:id:titioya:20170930110318j:plain

野心家ベルギー王レオポルド2世

19世紀後半になり、それまでよく分かっていなかったアフリカ内陸部の地理が明らかになってくると、ヨーロッパ諸国ではこれらの国々を領有し、積極的に未開発の富を獲得する機運が高まってきました。

ベルギー王レオポルド2世は、隣国オランダが東南アジアや南米などで積極的に植民地獲得に乗り出している様を見て触発され、まだヨーロッパの国々が本格的に触手を伸ばしていないコンゴの領有化を目論むようになります。

1878年にレオポルド2世は、ヘンリー・モートン・スタンリーという男をコンゴに派遣し、コンゴ各地の400以上の首長と「保護条約」を結びました。

驚いたポルトガルはレオポルド2世の行動に抗議しますが、同じく中部アフリカ周辺地域の獲得を目指すフランス・ドイツはレオポルド2世を支持し、またかねてよりポルトガルの奴隷貿易に反対していたアメリカもレオポルド2世支持に周りました。

このレオポルド2世によるコンゴの主権は、1884年に列強がアフリカ分割について協議するベルリン会議で正式に承認されました。

レオポルド2世はこの地を「コンゴ自由国」としますが、自由とは名ばかりで事実上レオポルド2世の私有地でした。

f:id:titioya:20050416183250j:plain

 

PR

 

3. 暴虐と収奪の国・コンゴ自由国

f:id:titioya:20170930105558p:plain

コンゴの経済開発の開始

 コンゴ自由国政府は早速、コンゴの土地の経済開発に乗り出します。

まずは土地の確保ですが、コンゴの人々は土地を所有するという考えをそもそも持っていなかったため、政府は全ての土地は「無主地」と決め、これらの土地をいくつかの特許会社に分配してしまいました。

そうした上で、コンゴ自由国政府は上コンゴと下コンゴを貫く鉄道の建設に着手します。全長350キロにもなる鉄道は巨大な労働力を必要とし、コンゴ人だけでなくアフリカ各地から労働者が動員されました。この工事は過酷を極め、最初の2年間で動員された7000人の労働者のうち、3500人が死亡または逃亡、1500人が負傷などで送還、残ったのはわずか2000人だそうです。

f:id:titioya:20171001163902j:plain

労働者の反抗はレオポルド2世が組織した公安軍によって厳しく弾圧されました。

公安軍はヨーロッパ人の将校・下士官と、現地の兵士からなる部隊で、コンゴ自由国の実質的な軍隊・警察として機能しました。公安軍は徹底的な残虐さでコンゴの人々を震え上がらせました。

 

レオポルド2世は、さらにコンゴ南部にある鉱物資源が豊かなカタンガ州の併合も目論みました。

f:id:titioya:20171001164011p:plain

Work by Uwe Dedering

当時のカタンガは南からイギリス南アフリカ会社が進出を目論んでおり、レオポルド2世はカタンガ会社に特許状を与えて遠征隊を派遣させ、カタンガの首長と保護条約を結び、コンゴ自由国の支配を確立させました。

この時にコンゴに組み込まれたカタンガは、後に勃発するコンゴ動乱の火種になります。

 

住民の強制労働・徹底した富の収奪

コンゴ自由国の産物で多額の利益を上げたのは「ゴム」と「象牙」でした。

政府は住民を強制的にゴムと象牙の採集へと駆り出され、それぞれの地区にノルマが課せられ、達成できなかったら容赦なく公安軍によって手を切り落とされたと言われています。

 

▼手を切り落とされるコンゴ人を横目に金儲けをするレオポルド2世

f:id:titioya:20171001165740g:plain

ノルマ未達成の場合の罰は厳しく、住民だけでなく、集荷を担当する請負人もその責任を負い、鞭打ちの刑といった厳しい罰則を課せられました。

 

さらに政府はゴムや象牙の拠出のみならず、政府の役人や行政官が贅沢な暮らしをするための食料や物品の拠出も求められました。それに加えて、4日に1度は「公的な仕事」に駆り出され、公的施設の建設やインフラのメンテナンス、果ては行政官の住居の掃除などに駆り出されました。

コンゴ統治の旨みを知ったレオポルド2世は、さらなる利益を求めてレオポルド湖からルケニア川流域の地域(ベルギー本土の領土の約10倍)を「王室直轄領」とし、1905年までの9年間の間に個人的に7100万フランも蓄財したそうです。

 

▼コンゴ人を締め上げるレオポルド2世を描いた風刺画

f:id:titioya:20171001165114j:plain

 

4. ベルギー領コンゴへの転換

 信じがたいほどの暴虐が行われていることを知った欧米の世論は激しく反発しました。

1903年にイギリス政府はコンゴ駐在のイギリス領事ロジャー・ケイスメントに命じて内陸コンゴの調査報告書を作らせました。この報告書はコンゴ自由政府の非人道的な行為に対する告発が書き連なっており、イギリス政府はこれをベルギー政府ならびにベルリン会議加盟国に送付しました。

その後、フランスやドイツ、アメリカといった列強もコンゴ問題のベルギーとレオポルド2世の対応を激しく非難し、ベルギー国内でも政府と王室批判が上がるようになっていきました。

ここに至ってはレオポルド2世も重い腰を上げざるを得ず、1905年に調査委員会を立ち上げ、上がってきた報告書を元にしてコンゴ人の土地所有認可やゴムの強制集荷の禁止といった改革を実施することを定めましたが、イギリス政府・アメリカ政府、さらにはベルギー政府ですら、この改革では不十分であると通告。この事態を収拾するには、ベルギー政府によるコンゴの直接統治しかない、としました。

これにはレオポルド2世は反発し強く抵抗しますが、1908年11月についに譲歩し、コンゴ自由政府をベルギー政府の管轄に移管することになります。

コンゴ自由国は消滅し、ベルギー領コンゴが生まれることになりました。

 

 

5. ベルギー統治とナショナリズムの発生

 

ベルギー統治下での改革

レオポルド2世からコンゴの統治を移管されたベルギー政府は、それまでのダーティーなイメージを払拭すべくコンゴ人の商業活動の認可やゴム・象牙の強制集荷の廃止といった改革に着手しました。

しかし第一次世界大戦が勃発し、ベルギー本国が戦禍に見舞われると戦時統制色の強い政策が実施され、コンゴでも開発主義を前面に押し出した「利益優先」策が採られました。大企業や特許会社が最大限コンゴで利益を上げられるような制度が据え置かれることになります。

多数のベルギー人の技術者や家族がコンゴに移住し、彼らの居住用にエリザベートヴィル(現ルブンバジ)や、レオポルドヴィル(現キンシャサ)といった都市が建設されました。

さらには行政整備に必要な人材を育成するために大学が建設され、ブリュッセルの大学と併せて植民地統治に必要な人材の育成が促進されました。

 

教育改革

f:id:titioya:20171001180142j:plain

Credit: Stanley Browne

教育の面では初等教育を中心に大幅な発展がみられました。

ベルギー政府は教会の経営する学校に補助金を与える政策を打ち出し、これによりコンゴ各地で初等教育のための学校が開かれ、当時のアフリカの基準から見ても進んだ教育水準のものとなりました。ただしこれは初頭・中等教育に限ってのことで、高等教育は度外視され、1960年代の独立後に大学を卒業した者は全国民のうちわずか2名という低水準でした。

 

キンバンギズム運動の発生

 世界大戦期にコンゴ人のナショナリズムに大きな影響を与えた人物が、シモン・キンバングーです。

f:id:titioya:20150306013033j:plain

彼は一介の大工でしたが、ある時に神の啓示を受け、地元ヌサンバで死者を甦らせたり、人々の病を治すなどの奇跡を行い始めたと言われています。

キンバングーは自らを予言者であると宣言し、人々はキンバングーの説教を聞こうと続々と彼の元に集まり始めました。

キンバングーはヌサンバの村を「イェルサレム」と変え、十二使徒を任命。自らをキリストと見立てた組織の設立に乗り出しました。彼の興した教えは「キンバンギズム」と呼ばれ、キンバングーの教えによってコンゴ人は救済され、ベルギー人は コンゴから去ると予言されました。

人々があまりにもキンバングーの教えに熱狂したため、既存の教会は信者を取られてしまい、また労働者がキンバングーの元に大挙して参詣して工場が操業できなくなったりして、コンゴ経済の生産性が下落するほどでした。

そこでベルギー植民地当局は1921年6月にキンバングーの逮捕に踏切りますが、キンバングーは軍隊が少し目を離した隙に逃亡。人々はキンバングーが再び奇跡を起こしたと信じて、彼の求心力はさらに高まっていくのでした。

キンバングーは再逮捕され、1951年に獄中で死亡します。

しかし、キンバングーが始めた運動「キンバンギズム」は現在のコンゴでも活動を行っており、同国で最大級の独立教会になっているそうです。

 

シモン・キンバングーについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。

reki.hatenablog.com

この時期、仏領コンゴのアンドレ・マツワを信奉するマツワニズムなど、大衆レベルでの抵抗運動・民族主義運動が勃興していきました。

 

PR

 

つなぎ

コンゴ自由国は20年あまりしか続きませんでしたが、この20年間の間にコンゴは信じがたいほどの暴政を経験しました。「それまでの100年で奴隷貿易が与えた犠牲よりも、はるかに大きな人間を殺害した」と言われるほどです。

レオポルド2世の強欲さが一番大きな原因でしょうが、事実上の私有地という特殊な条件にかこつけて、政治家から一介のビジネスマンまであらゆる人が一攫千金を狙ってえげつない争いを演じ、歯止めをかけるシステムが存在しなかったことが大きいように思います。

次回はベルギー領コンゴはとうとう独立を果たしますが、ここからさらなる悲劇に見舞われることになります。 

reki.hatenablog.com

 

参考文献

 アフリカ現代史(3)中部アフリカ(世界現代史15) 小田英郎 山川出版社

アフリカ現代史 (3) 中部アフリカ (世界現代史15)

アフリカ現代史 (3) 中部アフリカ (世界現代史15)

 

 

PR

PR